厚木ガーデンシティビル8階(イオンの上です)・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!


by posthobby_atsugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

≪特別企画≫素人戦術家ヒトラーのアルデンヌ攻勢! 参加した車両を集めよう!

天才にして素人戦術家ヒトラーの大作戦 アルデンヌ攻勢

独・米の参加した車両を集めよう!
1944年12月、敗北が濃厚になったナチスドイツは戦略予備軍を使い英米軍へ攻勢を仕掛けます。成功後は東部戦線にてワルシャワより先まで戦線を押し戻すことを念頭に・・・・
ハルマゲドンの使者ヒトラー将帥は、フリードリヒ大王を超えられるか?

この攻勢に投入された戦車キットは ケー二クスティーガーやヤークトティーガーなど多彩に溢れ、選ぶだけでも迷ってしまうほど・・
対する英米軍(アメリカが主)はM4シャーマンやM10ウルヴァリンなどベテランから初心者までコレクションして楽しめます。
当時はなぜドイツはケー二クスティーガーやパンターで負けたのか?、効率生産と攻・動とバランスが取れたM4シャーマンはなぜいいのか?プラモデルで組み立てその国の思想と意味を知ることが出来ます。

●ドイツ陣営
「バルジの戦い」ですが、ファンやマニアには「ルンシュテット攻勢」の方が分かりやすいではないでしょうか?
西方総軍司令官(ルンシュテット元帥)指揮下のB軍集団(モーデル元帥)は25万の大軍でアルデンヌの森で攻勢を開始します。主攻勢は第6SS装甲軍(ディートリッヒSS上級大将)でヒトラー総統、自慢の精鋭としてケーニクスティーガー有します。第5装甲軍(マントイフェル中将)は第6SS装甲軍を補佐しながら進撃を続けましたが、途中のバストーニュで停滞。ドイツ側の装甲車輛は、ヤークトティーガーやヤークトパンターと目白押しです。第7軍と第15軍は擲弾兵ともにヘッツァーも活躍。この作戦も上手く行くかに見えましたが・・・
a0149148_20243089.jpg
タミヤ 1/35 キングタイガー(ケーニクスティーガー)
人類史上で最高峰の戦車で、それはエクステリアデザインと長砲身を備え車体とのバランスが美しく魅了され、堂々とした重戦車であることです。このミリタリーミニチュアシリーズの旗艦と云うべきキットで発売から数十年たちますが、尋常では無いほど工夫を凝らし見るもに感銘を与える車体形状は最高傑作です。他社がいくら良い物を出してもタミヤに勝てません、タミヤ自慢の作品を是非に手がけましょう!

a0149148_18581822.jpg
タミヤ 1/35 ヤークトタイガー(初期生産型)
実用化された巨大駆逐戦車で、装甲版で固められた戦闘室はトーチカで、幅の広い履帯に芸術的な足回りを見ると大変興味が沸き、カッコよく見えます!この戦いには3輌が投入されたのみ(不参加もあり)、まさに紹介したい決定版のキットです。忠実にキングタイガーよりも延長された車体を再現。主砲装填部や砲架、床板など室内内部の作りこみは圧巻です。車体の接合部とキャタピラの合いが良く組み立て易いので、ストレスが溜まりません。堂々たる大きさが大変良くユーザーを満足させます。

a0149148_19182334.jpg
タミヤ 1/35 ヤークトパンサー(後期型)
長砲身でスタイルが良くまとまり見た目だけでは無く、第二次大戦で最良の駆逐戦車として実力もあり人気も高い車輛です。
このキットは2種?のタイプを選らんで組み立てることが出来ますが、アルデンヌなので1944年5月頃の仕様で組みましょう。キャタピラもベルト式なので、あっさり組めます。各メーカーから部分的に良い物が出ていますが(戦闘室後部の傾斜角度が違う?)、タミヤは車体プロポーションが最高に美しいですので、おすすめ!前作は「ロンメル駆逐戦車」と呼ばれ、懐かしむファンが多いと思います!

a0149148_19311800.jpg
タミヤ 1/35 IV号駆逐戦車/70(V) ラング
姿勢が低く長い砲身を纏った精悍な姿は、よく考証され前作の悪い部分?は見直されたリュニーアルキット。パーツ点数も多く、形状も立体的に見せており作りごたえがあります。長大な主砲砲身は左右一体成形パーツで、防盾などの鋳造模様、車体各部の溶接模様の表現は流石、タミヤです!

a0149148_19313861.jpg
タミヤ 1/35 ヘッツァー 中期生産型
小型ながら長砲身48口径7.5cm砲を搭載し傾斜装甲で身を固めたコンパクトなスタイルで扱い易く、終戦まで大活躍。
キットは、単調がちな傾斜装甲も表情豊かに再現しており好感が持てます。組み立て易く、大判のカラー迷彩塗装図も入っており是非とも 「光と影迷彩」にチャレンジしてみましょう!ヘッツァーはやり易いですよ!


●アメリカ陣営
ノルマンディー上陸からパリ解放と続けて進撃をして、ドイツ本土前に補給と休息をします。(連合軍総司令官アイゼンハワーはドイツの暗殺に恐れていた)まさか瀕死のドイツが攻勢に出るとは思ってなく、アルデンヌを守るアメリカの第1軍(ブラットレー中将)はドイツの奇襲に動揺と混乱がありましたが、すぐに立ち直り防戦を開始。ここでもっとも活躍したのが「Ⅿ10駆逐戦車」と「Ⅿ4A3E8イージーエイト」です。ドイツの第5装甲軍(マントイフェル中将)と激戦となるバストーニュで防戦、ドイツはここで進撃が止まります。南に配置された第3軍(パットン中将)が援軍に駆けつけ形勢は逆転。ドイツは深刻な燃料不足で車両を放棄し撤退、西方総軍司令官(ルンシュテット元帥)は負けを認めドイツ本国へ・・・
a0149148_18580228.jpg
タミヤ 1/35 M4A3 シャーマン 105mm榴弾砲搭載型 (突撃支援)
M4シリーズで歩兵支援用に開発された戦車。陣地攻撃など歩兵部隊への火力支援を主な任務としてバルジの戦いでは防御に徹しています。
ベテランキットになりつつありますが、鋳造砲塔や独特な防盾もモールド表現が良く、組み立てながら感動させてくれる名作キット。機銃用弾薬箱や三脚架、携行食糧用木箱など豊富な装備品もセットされており、合わせて情景も楽しめます。

a0149148_15384007.jpg
タミヤ 1/35 M4A3E8 シャーマン イージーエイト (ヨーロッパ戦線)
最後のM4シリーズで、強力な76mm砲と強力なエンジンを搭載、HVSSを採用し幅広の履帯とM4シリーズの集大成です。
集大成の名に恥じないキットで、今までのM4は一体成型ですが今回は組み立て式で、砲塔と車体上部は素晴らしいクオリティー表現と組み立てやすさを両立。そしてHVSS(水平懸架式サスペンション)はこのキットの売りで楽しみながら組めますよー。


a0149148_15391523.jpg
タミヤ 1/35 M10駆逐戦車 (中期型)
オープントップ式の旋回砲塔に強力な76.2mm砲を搭載した駆逐戦車で、傾斜装甲を採用し機動力と火力に優れ、バルジの戦いで大活躍します。他社メーカーは信頼性がなく(砲塔の形やサイズが??)正確な物が1/48ぐらいでしたが、満を持して登場。実車取材に基づいて十分に考証され形やサイズも正確になり、オープントップの砲塔の戦闘室内部も忠実に再現されカッコいいです。防盾の鋳造模様や車体の溶接模様も美しく、まさに傑作キットです。


●特別編

a0149148_17464152.jpg
ケーニクスティーガー

a0149148_17480445.jpg
Ⅳ号戦車J型

a0149148_17482154.jpg
FIN





































[PR]
トラックバックURL : http://postatsugi.exblog.jp/tb/23326803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by posthobby_atsugi | 2016-10-30 18:40 | スケール | Trackback | Comments(0)