「ほっ」と。キャンペーン

厚木ガーデンシティビル8階(イオンの上です)・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!


by posthobby_atsugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:スケール( 17 )

ピットロード W191「1/700 米海軍 戦艦 BB-44 カリフォルニア 1945」
a0149148_12175735.jpg
ピットロードから待望の「カリフォルニア 1945」が発売されました。キットはトランぺッター製そのもので、取扱説明書とカラー塗装図とパッケージは日本語になったのが変更点です。

◇模型の趣
「カリフォルニア」は1941年12月8日の真珠湾攻撃にて大破着底します。後に浮上させ、米本土へ自力航行してピュージェット・サウンド海軍工廠で大改修を受けます。この改修で装甲強化や対空砲増設および火器管制システム装備を施し、新型戦艦「サウス・ダコタ」似た艦容となりますが、むしろ対空兵装の面では新型戦艦(アイオワなど)に勝っています。同型艦のテネシー、ウエスト・バージニアと共に、アメリカ海軍首脳(司令部や高官)には特別扱いされました。この「カリフォルニア」の艦容こそが、米海軍が理想とする完成された戦艦の姿となります。
a0149148_12185652.jpg
素で組み立ています。中々よい艦影で、特徴となる近代的な檣楼(艦橋)が印象的です。

a0149148_15172724.jpg
後部から臨む。軍艦は後ろ斜めから見る姿は美しいですが、本艦も美しいシルエットで魅了されます。

a0149148_15222240.jpg
a0149148_15224820.jpg
側面から見ると新型戦艦のサウス・ダゴタと良く似ていますが構造物の構造が違います。先に発売された改装ウエスト・バージニアとも別パーツ化しており、この「カリフォルニア」も新規パーツとなります。

a0149148_15325826.jpg
頂部にSK-1対空捜索レーダーが目立ちますが、その下は主砲用射撃レーダーMK8。この艦の特徴となる艦幅(34,7m)のバルジ部分を美しく再現。バルジの張り出しと艦首部にわたるテーパーラインが見ていて楽しいです。

a0149148_17252411.jpg
艦首のクリッパーバウやバルジの張り出しも見事。12,7mm連装両用砲の出来が良くない点が惜しまれます。

a0149148_17253921.jpg
艦尾は後部艦橋とマスト、12,7mm連装両用砲を管制するMk.12射撃指揮装置、カタパルトとクレーンとともに良い造形です。

a0149148_13362357.jpg
均等に取れた上部構造物と各種兵装配置。

◇塗装後
製品は大戦末期の1945年となりますので、旧式戦艦グループでは「メジャー21」と呼ばれるネービーブルーの単色迷彩となります。
a0149148_13492016.jpg
a0149148_13550633.jpg
a0149148_13552447.jpg
「メジャー21」により重厚感溢れる黒鉄を彷彿させます。これこそが戦艦らしく、小スペースながらよくまとまった兵装の配置は新型戦艦に勝る鉄壁なものです。今まで製品化に恵まれなかった製品ですので、ぜひともチャレンジして頂きたいキットです。





















[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-12-26 16:02 | スケール | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(戦車)

ミニアート T-70M軽戦車 ソビエト戦車兵5体付 (スペシャルエディション)  製作者:田中俊裕様

実車:軽戦車の決定版として生産され1942年から主要機甲戦力となりましたが戦車としての評判が悪く、SU-76自走砲になり大活躍します。多く生産されたためドイツ軍はT-34と誤認してしまい撃破の多くはコレになります。

作品:ミニアートはウクライナのメーカーで、戦車は造形も良く組み立て易いのが特徴です。
T-70のキットは車体を組む際に、反りやバリ、歪みなどがありますが材質も柔らかく簡単に直すことが出来ます。作品は彩色よく立体感を出した美しい表現で好印象が持てます(AKインタラクティブのウェザリング材を使用)。砲塔内部の作り込みがされていますが、注目点として兵士(ドラゴン)が見事です。履帯の垂れはご愛嬌?
a0149148_20021186.jpg
a0149148_20022371.jpg
a0149148_20023724.jpg
a0149148_20025079.jpg








[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-12-19 20:12 | スケール | Trackback | Comments(0)
特別提供品として、アオシマのスケールモデル(車・バイク)を半額セールいたしております!その全貌を下記の画像でご覧ください。emoticon-0102-bigsmile.gif
a0149148_20171602.jpg
クラウンやBRZの人気車種を惜しみなく出します!!emoticon-0116-evilgrin.gif

a0149148_20191448.jpg
発売された時は人気を博したセドリックも投入!emoticon-0112-wondering.gif

a0149148_20193123.jpg
CBX400やXJR400もemoticon-0140-rofl.gif

a0149148_20194304.jpg
SR400と400つながりで出しています。さらにファン必見のモンキーemoticon-0105-wink.gif




※数に限りがございます。早めのご来店をお待ち申し上げます!!







[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-12-14 20:33 | スケール | Trackback | Comments(0)
モンモデルから、1/700艦船プラモデルが発売されました。普段の新製品キットなら特にブログに上げることないのですが、フジミの艦ネクストに次ぐ、多色成型のパーツと接着剤が不要のスナップキットとして市場に出ました。以下、実力のほどは?


HMS 戦艦ネルソン級(ネルソン・ロドネイ)ついて

ワシントン条約で建艦を認められた(日本が戦艦陸奥を保有したため)唯一の戦艦でネイバルホリデーの期間に建造。名造船官ダインコートが設計した最後の戦艦です。斬新のアイデアと新機軸を取り入れ、前部に40.6㎝砲を3門配置し、船体には集中防御方式を取り入れ強固な防御力となり、艦橋構造物は塔型を採用。革新的なスタイルや技術は、世界各国の海軍関係者を驚かさせ衝撃を与えました。各国がこれに習い、日本も戦艦大和型の原型にするほどの名鑑でした。

◇模型を見る

プラモデルは、タミヤ・エアーフィックス・トランペッター、そしてモンモデルが加わりました。1/700スケールはタミヤとモンモデルのみです。今回はモンモデルの実力を簡単に見ていきましょう。タミヤと同じく竣工当時の美しい原型の姿を再現!
a0149148_20080639.jpg
流石の中華メーカーで、主砲の一斉掃射で強さを見せつけるシーンで、迫力があるパッケージです。このキットは多色成型で接着剤の不要のスナップキットです。パーツ割りも工夫されており中々の力作です。

a0149148_20155698.jpg
船体は3分割構成で、なんと喫水線幅がパーツとなっており、ウォーターラインでも組み立て可能。よく考えられています。

a0149148_11212988.jpg
a0149148_11290493.jpg























左上側はモンモデルです。構造物のプラ成形は美しいですが、細かい部分に省略が入り惜しいです。
右側はタミヤで、モンモデルに比べると塔型の艦橋構造物は分割パーツとなっており労を要しますが、艦橋窓上のステーの支柱や前部の装甲艦橋の再現など流石です。


a0149148_11384483.jpg
マスト、主砲、副砲のパーツ群。マストは細くプラ成形の優秀さを見せており、副砲は一体成型で美しく良いです。主砲は可動式で、砲身も仰角が取れ、色々の場面で楽します。

◇完成を見る
a0149148_12075744.jpg
モンモデルでフルハルの仕様です。艦影が美しく、甲板の立体的な彫刻表現が良く表れており大変、良い感じです。艦底部の前部に、魚雷発射管も再現されてところに注目。

a0149148_11443062.jpg
タミヤはウォーターライン(WL)仕様です。古いベテランキットながら美しい艦影で、モンモデルには負けません。実はマストが各メーカーによって違うのですが、タミヤの方がやや、正しいといえます。

a0149148_12211552.jpg
a0149148_12230417.jpg







[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-11-16 12:23 | スケール | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(戦車)

アオシマ リモコンAFVシリーズ ドイツ タイガーI(前期タイプ) 製作:原田様

リモートコントロール戦車で昔は定番でしたが、今は珍しく若い方の多くは知らないのでは? ラジコン・・リモコンと同じ様なものと
アオシマはAFVシリーズ展開し、ディテール・動力・操作システムと組み立て易さが売りです。

今回、製作された作品はお子様と十分遊んだあとに、塗装してディスプレイモデルとして仕上げています。車体に貼ってあるバルケンクロイツのデーカルが印象的ですが、ダークイエローが基調として3色迷彩を美しく表現、良い感じで好ましいです。キューポラに工夫を入れた力作ですが、分かる方はベテランモデラーです?効果もありカッコ良くなっています。
a0149148_16195750.jpg
a0149148_16201034.jpg
a0149148_16202205.jpg
a0149148_16203479.jpg





[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-11-14 17:37 | スケール | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(車)

アオシマ バリューデコトラ改造作品 2台  製作:仲田純一様

デコトラの改造作品の新作が持ち込まれました。以下、ご覧ください!

a0149148_12413700.jpg
作品名「悪」
Fバンパーとミラーステーが注目点がアクセントとの事で、ホイールと共に荷台側面のミラーシートが美しく作品を引き立てます。

a0149148_12420271.jpg
作品名「一番丸」
「悪」と同じくFバンパーとミラーステーさらにバイザーにこだわりを入れた作品。以外に難しい単色塗りも丁寧に仕上げており、見るものを惹きつけます!





[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-11-14 13:09 | スケール | Trackback | Comments(0)
F-16XL、試作戦術戦闘機

F-111(アートバーク)の老朽化に伴い、アメリカ空軍によるETF計画(強化型戦術戦闘機)が始まり、ジェネラル・ダイナミクス(F16XL)とマクドネル・ダグラス(F15E)が後継機を競いましたが、F16XLが敗れました。

F-16XLは第4.5世代ジェット戦闘機の間に分類されます。この機体の特徴は、クランクト・アロー・デルタ翼を採用し機動性の代わりに低速域での機体安定性を向上させ、攻撃機・爆撃機としての有効性を高めています。

◇模型(プラモデル)
a0149148_13564518.jpg
箱を開けるとパーツのボリュームに驚きます。モールドは少し太めですが、しっかりとリベットなどの細かい表現は素晴らしいです。付属に爆弾、ミサイル、増槽と用意されており、色々と楽しめます。



[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-11-13 13:58 | スケール | Trackback | Comments(0)
栄光のスコードロンカラー 米海軍機

ハイビジ編
1970年代以降の栄華を誇った最強の空母航空団。布陣は、防空迎撃戦闘機F14、攻撃機A6イントルーダー、電子戦機EA6プラウラー、対潜哨戒機S3バイキングと多彩で、特徴となるスコードロン(飛行隊)を表すハイビジ(高視認性塗装)が象徴です。ここで多くのエースパイロットや伝説が生まれ、さらに映画で話題となり機体のカッコ良さも手伝って、ファンが虜になり魅了され続けます。
a0149148_19442296.jpg
待望のタミヤ1/48 傑作機シリーズ No.114 グラマン F-14A トムキャット
艦隊防空の要で可変翼を纏い、敵を追撃する姿はハヤブサを思わさせ、また優美なプロポーションとハイビジで垂直尾翼の部隊マーキングが決め手!タミヤならではの美しいプラ成形と組み立て易さが織り成す「トムキャット」の決定版キットです!

a0149148_19504208.jpg







VF-84 ジョリーロジャース        
ドクロホーンのマーキングを有し米海軍空母航空団のシンボル的存在。映画「ファイナル・カウントダウン」やアニメにも登場し有名な戦闘飛行隊です。
a0149148_19514167.jpg







VF-2 バウンティ ハンターズ
伝統ある飛行隊で、空母「エンタープライズと共に復活。賞金稼ぎと云う部隊ネームで一躍脚光を浴びます。




[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-11-11 19:54 | スケール | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(戦車)


タミヤ 1/35 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー (後期型)
タミヤ 1/35 アメリカ M4A3E2中戦車 ジャンボ      2作とも製作:森本彰様

◇タミヤ 1/35 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー (後期型)

古いファンには「ロンメル駆逐戦車」の名で親しみがあるとおもいます。スタイルともに実力も備わるドイツの傑作駆逐戦車で、ノルマンディーからアルデンヌなどで活躍しますが製造数が少ないのが難点。

ベテランの製作者ですので、手慣れた美しい仕上がりをみせます。各メーカーとも出されており、問題となる後部戦闘室の装甲板傾斜角度ですが、ドラゴン製は正確さを謳います。
a0149148_17015018.jpg
a0149148_17020262.jpg
a0149148_17021163.jpg
後部戦闘室の装甲板傾斜角度が・・・どうでしょうか?

◇タミヤ 1/35 アメリカ M4A3E2中戦車 ジャンボ 

アメリカのお家芸戦車M4シリーズで、ジャンボはM4A3の装甲強化型です。装甲を強化して、ドイツのトラやヒョウ・ベンガルトラでも大丈夫なように、また前線を突破するために重宝されましたが、生産数が少ないのが難点。履帯に特徴があり「ダックビル」と呼ばれるアタッチメントを装着しています。
この手の作品(M4)は得意な分野らしく、手際よく組み立てられています。ぜひ店頭にてご覧ください。
a0149148_17141415.jpg






[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-11-05 17:14 | スケール | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(艦船)


フジミ 1/700 スケルトン赤城  
フジミ 1/700 艦ネクスト 日本海軍空母 赤城
ピットロード 1/700 アメリカ戦艦 サウス・ダコタ 3作ともすべて製作:中西眞治様

◇フジミ 1/700 スケルトン赤城 
今回は一気に3作品をお持ち頂きました。そのうち1作品はスケルトン(クリアー成形)で、インテリアとしても使えそうです?接着に苦労したそうでまさに労作です。
a0149148_17182075.jpg

◇フジミ 1/700 艦ネクスト 日本海軍空母 赤城
続いてはフジミの傑作、艦ネクスト。とても作り甲斐のあるキットで面白かったとの事です。多色成型とスナップキットなので手軽に組めること出来ます。パーツの合いの精度の良さは圧巻ですが、機銃の砲身が太いのが難点。この作品は少しディテールアップを施してしています。
a0149148_17240674.jpg

ピットロード 1/700 アメリカ戦艦 サウス・ダコタ 
ハセガワより後発キットですが、艦橋構造物がハセガワより良くなっています。SK-1レーダーが搭載されていますが、本来、艦影の状態から見るとSK-2となりますが、細かい事にこだわっていないそうです。単色塗りは難しいところ上手く塗られており、重厚な戦艦を彷彿とさせます。
a0149148_17253778.jpg











[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-10-31 17:33 | スケール | Trackback | Comments(0)