「ほっ」と。キャンペーン

厚木ガーデンシティビル8階(イオンの上です)・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!


by posthobby_atsugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:お客様作品紹介( 15 )

お客様作品紹介(戦車)

タミヤ1/48ドイツ重駆逐戦車 ヤークトタイガー 初期生産型    製作者:原田寿文様


実車:第2次世界大戦も終盤となる1944年暮れから投入された重駆逐戦車で、12.8cm砲を搭載し絶大な攻撃力と強固な防御力を有しますが、機動力が悪くほとんどが戦車での撃破ではなく航空攻撃で撃破されています。ドイツ戦車の最後を飾るに相応しい駆逐戦車でした。

作品:1/35スケールのノウハウをそのまま1/48スケールに引き継いだ質の高いキットです。作品はこだわり多く、ツィンメリット・コーティングを施しており、剥がれや戦闘室内部も丁寧に実感よく再現。各所には作者の思い入れが深く作り込まれており中でも、履帯と汚し技法は見せ場の1つになっています。まさに力作と云っても過言ではありません!
a0149148_19114717.jpg
a0149148_19122634.jpg
a0149148_19123845.jpg
a0149148_19131250.jpg

a0149148_19133982.jpg
a0149148_19140158.jpg











[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-02-05 19:19 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(艦船)

フジミ 1/700 艦NEXT 日本海軍 弩級戦艦「武蔵」
アオシマ 1/700 フルハルシリーズ 日本海軍 戦艦「長門」1945 (2作品)製作者:中西眞治様

◆フジミ 1/700 弩級戦艦「武蔵」

資源がなく貧しい日本が世界大国だった頃、欧米と熾烈する建艦競争に勝つべく量より質で対抗した弩級戦艦。大和と並び現在でも「日本」の象徴として語り継がれます。

a0149148_14575491.jpg
模型:フジミの自信作で、近年に大富豪ポール・アレン氏がフィリピンのシブヤン海で発見し話題となります。フジミも発見された「武蔵」を考証の上、製品化。多色成型でスナップキットですので組み立て易くプロポーションも抜群です。作品はストレートに組み上げ、エッチングを加えた力作ですが、甲板や船体に軽いウェザリングをしており軍艦らしい雰囲気も出しています。

a0149148_14591359.jpg
a0149148_14581011.jpg
a0149148_14594258.jpg

◆アオシマ 1/700 戦艦「長門」1945  

昔、華やかなりし頃 の日本に存在した連合艦隊旗艦で、当時の日本国民に最も愛された軍艦です。世界を驚かせる41cm砲を搭載し誉高く、終戦まで生き残りました。
a0149148_15055361.jpg
模型:アオシマのWLシリーズでリニューアルを施した傑作キットの「フルハルモデル」版です。何種類かバリエーションが出ていますが、作品は1945年仕様を組み上げ、エッチングを使用してディテールアップを高めます。丁寧に製作されていますので、これから「長門」を組む方へのお手本となる作品です。是非に店頭にてご覧ください!
a0149148_15145990.jpg
a0149148_15151327.jpg
a0149148_15155999.jpg







 











[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-01-11 15:17 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(戦車)

ブラックラベル 1/35 イギリス陸軍 FV214 コンカラー 重戦車   製作者:高橋智克様

実車:第二次大戦後、ソビエトの戦勝パレードでスターリン3重戦車が登場し、アメリカ・イギリスの首脳陣に驚嘆と衝撃を与えました。イギリスはすぐさま対抗できる戦車を苦労して開発。征服者と名を付け、新型のFCS(射撃統制システム)と55口径120mm砲を搭載する重戦車で、ソビエトに脅威を与えました。

作品:コンカラー、初のキット化となるドラゴン製ブラックレーベルシリーズです。色々と問題が多いキットですが、色彩も濃くなく薄くなく重戦車らしく手際よく組み立ています。最大の問題となる履帯も丁寧な組み上げで、まさに労作で見事。このキットを組み立てた方は、もの凄く分かるはず!是非に、店頭にて作品をご覧ください。
a0149148_17592613.jpg
a0149148_17593733.jpg
a0149148_17594655.jpg
a0149148_17595522.jpg
この重戦車の見せ場となる砲塔や防盾やフェンダー類。この後に、「チーフテン」が登場・・・次回の作品に期待です!



[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-12-28 18:03 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(戦車)

タミヤ 1/48 ソビエト KV-2重戦車 製作:和田翔太様

実車は、重砲兵支援用として配備され初戦の独ソ線でもドイツ軍が驚き、侵攻を遅らせた怪物戦車です。運用上の制約がある反面、強力な装甲がモノを言いドイツ軍でも撃破することは困難でした。その巨大な砲塔から、ソ連戦車兵からは親しみを込めて「ドレッドノート」というあだ名がつきます。

このキットは1/35シリーズでノウハウを極めていますので、優れたプラ成形でパーツ点数も少なく、初心者でも安心して組み立てられます。
手際良くストレートに組んでいますが、塗装と汚しに力を入れています。シャーシの下部の泥汚れやキャタピラのたるみなど実戦で活躍した歴戦戦車に見え、またワイヤーの曲がり具合が良いアクセントとなっており演出感を醸しだします。
a0149148_20071369.jpg
a0149148_20072350.jpg
a0149148_20073323.jpg






[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-10-24 20:16 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(車)

アオシマ バリューデコトラ改造作品 3台  製作:仲田純一様

今は希少となりつつあるデコトラの改造作品です。以下、ご覧ください!
a0149148_13415032.jpg
作品名は「ダンプ屋さん」
サイドバンパーの加工を施し、フロントと合わせ厳ついスタイルと落ち着いたメタリックブラウンが決まり、カッコイイです。


a0149148_13420529.jpg
a0149148_13421326.jpg
作品名「デカ箱やろう!」
先の作品と同じく、サイドバンパーを自作加工、またフロントバンパーを前出し、しております。
こちらも車体全体をメタリックレッドで纏い、ダンプの荷台の床はメタリックパープル仕上げ。


a0149148_13422966.jpg
a0149148_13423887.jpg
作品名「1番」
フロントグリルの加工を施したため、独特なスタイルになっています。サイドミラーが可動式で?収納にも大変便利。やはりデコトラのプラモは内装も大事ですね!






[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-10-08 18:05 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(戦車)



トランペッター 1/35  ソビエト KV-2重戦車 製作:内藤裕介様

実車は、対フィンランド戦からで圧倒的な攻撃力、防御力を誇り「ギガント」と呼ばれ恐れられました。初戦の独ソ線でもドイツ軍が、驚いています。使いずらさが仇となり早々に姿を消していきました。
(※"KV"とは、当時のソ連国防相 クリメント・ヴォロシーロフの名を付けています。)

この戦車の特徴は152㎜榴弾砲を搭載した背の高い砲塔です。キットはズレた位置に砲口の穴が開いているので修正が必要!
今回はモデルカステンの履帯を使用しており、下回りの無骨さが雰囲気良く出ています。また塗装も前作のティーガーⅠより拘り薄く埃ぽさを醸し出して、車輌の魅力を表現したところが見どころです。
a0149148_20094720.jpg
a0149148_20095731.jpg
a0149148_20100550.jpg
なんといっても「ガルパン」仕様です!!



[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-09-28 20:10 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(戦車)

当店のショーケースに展示されたお客様作品紹

タミヤ 1/35 ドイツ タイガーⅠ極初期型   製作:内藤裕介様

実車は、ナチスドイツの純正重戦車。(キングタイガーはT-34の思想が入り合いの子戦車)熟練の搭乗員と砲力で連合軍に恐れられました。極初期型の特徴としてピストルポートや屈折した前部フェンダーなどで、すぐ分かります。

作品は、初めて戦車を組み立てられたということですが、良くできています。汚しが少々強いため荒い仕上がりですが、画像では程よく歴戦の車両らしく見えます。

a0149148_19263926.jpg
a0149148_19265506.jpg


[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-07-25 20:08 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(戦車)

当店のショーケースに展示されたお客様作品


タミヤ 1/35 ドイツ タイガーⅠ極初期型   製作:内藤裕介様

実車は、ナチスドイツの純正重戦車。(キングタイガーはT-34の思想が入り合いの子戦車)熟練の搭乗員と砲力で連合軍に恐れられました。極初期型の特徴としてピストルポートや屈折した前部フェンダーなどで、すぐ分かります。

作品は、初めて戦車を組み立てられたということですが、良くできています。汚しが少々強いため荒い仕上がりですが、画像では程よく歴戦の車両らしく見えます。

a0149148_19263926.jpg
a0149148_19265506.jpg


[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-07-25 20:08 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)
どうもこんにちは。ガンダム担当Oです。
暑いのか寒いのか分からない昨今、いかがお過ごしでしょうか?
そんな中、持ち込みをしてくれる熱いお客様。尊敬します!←いやアナタも作りなさいよ。(笑)
では今回もご紹介。どんどん行くぞ!!

a0149148_17422124.jpg
a0149148_17422911.jpg
a0149148_17423886.jpg
「RG ダブルオークアンタ」下田賢作様
熱心な当ブログ読者なら気付いたと思いますが下田様は前回も投稿された方です。
なんと下田様の作るペースは半端無く、月にMGやRGを三体以上は上げて来るのです!
うーん・・・見習いたい・・・。
作品は初のスミイレということで密度感が向上していますね。「ガイアノーツプリズムカラー」ブルーグリーンでコートしたというクリアーパーツがステキです!

a0149148_17425282.jpg
a0149148_17430693.jpg
a0149148_17431771.jpg
「MGスタービルドストライクガンダム(RGシステムver.)」下田賢作様
プレミアムバンダイ限定のクリアーキットですね。クリアーレッド、ブルーの部分はクリアーカラーにて色味を変えたそうです。ご本人的にはもう少し効果を強くしたかったとのことです。

a0149148_17433175.jpg
a0149148_17435582.jpg
a0149148_17440324.jpg
「MG ガンダムエクシアダークマター」下田賢作様
フィニッシャーズのコンパウンドを順に使って光沢感を演出したそうです。
下田様はいろんなマテリアルの研究にも余念がないのです!
より生々しい生物的な表現になり凶悪度がアップ!

a0149148_17591921.jpg
a0149148_17593075.jpg
a0149148_17593838.jpg
「出陣」M.Y.様
プレミアムバンダイ限定のHGUCジェガンBタイプ(M型)を製作して頂きました。
ジェガンの緑といえば薄いグリーンを思い浮かべますが、濃いグリーンというのが新鮮ですね!

a0149148_17595340.jpg
a0149148_18000430.jpg
a0149148_18001644.jpg
「ビルドガンダムMK-Ⅱ」高林和行様
RGガンダムMK-ⅡとHGBFビルドガンダムMK-Ⅱのニコイチです。違和感なくマッチしていますね。
T3カラーもセイ君が考えた幻の4号機という設定と関連づける面白い発想だと思います。


ということでいかがだったでしょうか?
みんなも完成したらどんどん持ち込もう!
ではではー!!



[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-07-09 18:09 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)
どうもこんにちは。ガンダム担当Oです。
このコーナーも早くも2回目!
では元気にいってみよー!!

a0149148_17080416.jpg
a0149148_17081548.jpg
a0149148_17082762.jpg
「ビルドガンダムMK-Ⅱ(ver.リバイヴ)」MK-Ⅱ様
HGUC MK-Ⅱ(REVIVE)との組み合わせです。ブースターはそのまま付くそうですが、胴体は加工が必要だとか。
パテで隙間を埋めることで対処されています。MK-Ⅱは一気に選択肢が増えて嬉しい限りですね!

a0149148_17142602.jpg
a0149148_17143574.jpg
a0149148_17145228.jpg
「MGフリーダムガンダムver.2.0」下田賢作様
最新MGのフリーダム2.0を早速製作して頂きました。初めてウイング部にスミイレを施したとのこと。
スミイレは密度感が上がるので効果大です。光沢塗装がPS装甲のイメージですネ。

a0149148_17202482.jpg
a0149148_17203486.jpg
a0149148_17204631.jpg
「MGフリーダムガンダムver.2.0スペシャルコーティング仕様」下田賢作様
こちらはプレミアムバンダイ限定のSPコート。こちらは箔押しのデカール貼りに苦戦したそうです。
水転写はマークセッター、ソフターを使うことで綺麗に貼れます。ソフターはデカール軟化の力が強く難しいので、
初心者にはセッターをオススメします。糊入りなのでシルバリングもしづらく使い易いですよー。


持ち込みは随時募集中です!
来たれ!力作!・・・でもコンテストもね!
ではでは今回はこれにてー。



[PR]
by posthobby_atsugi | 2016-06-20 17:28 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)