厚木ガーデンシティビル8階(イオンの上です)・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!


by posthobby_atsugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

5/28 ミニ四駆走行会


こんにちは!ミニ四駆担当です!

5/28(日)にミニ四駆走行会を行います~!

時刻は13:00~18:30まで!

場所は前回前々回同様に厚木イオン8階会議室で行いますので奮ってご参加ください~!

コース内容はまだ決めてませんが広々と使いたいと思いますのでお楽しみに!
それでは当日のご参加お待ちしています~!ミニ四駆担当でした!

[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-05-24 11:35 | ミニ四駆 | Trackback | Comments(0)
ボードゲーム担当です。
ゲームマーケットの熱も冷めやらぬまま、ホビージャパンから新しい商品が入荷いたしました。
今回は中身の開封が出来たため中身の紹介をしたいと思います!

a0149148_18514034.jpg


「八十日間世界一周」
1979年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作「Hase und Igel (ウサギとハリネズミ)」のリメイク作品です。
----------------------------------------------------------------------------------------------
1872年10月2日、フィリアス・フォッグは、ロンドンの紳士クラブ「リフォーム・クラブ」のメンバーたちの前で、80日で世界を一周する計画を打ち出した。クラブのメンバーたちは彼の計画を信じられず、彼が失敗することに賭けた。

忠実な従者パスパルトゥーを伴った、急な出発で始まったフォッグの世界一周への旅路は、同日に発生したイングランド銀行の5万ポンド強盗事件の容疑が彼らへ向けられ、暗雲が立ち込めていた。

はたして、あなたは世界が注目する中、80日間で世界一周する偉業を達成し、自らの潔白を証明することができるでしょうか?(ホビージャパンアナログゲームより引用)

このゲームはスタート時80£を所持し、お金を消費したり、戻って補充をしながら進んで行き、手持ちにあるお邪魔カードである風聞カードをすべて消費し所持金が10£以下でゴールをすることが目的となっているすごろくゲームです。
一見すると単純なルールですが、イベントカードであるパスパルトゥーカード以外はほぼ運の要素0で、じっくり考えるのが好きな方でもきっとやりごたえを感じられます!
そして初めての方でもルールは単純なためすぐ一緒に始められる気軽さもきっと、リメイク前の「ウサギとハリネズミ」がゲーム大賞に選ばれた一因なんでしょうね。

それでは中身の紹介です。
a0149148_18555076.jpg

マットPP加工のサラッとした手触りの化粧箱は洋書のように引き出し式になっており、縁に金が散らされた絵本のような外装からすでにわくわくしますね!

a0149148_18572497.jpg

a0149148_18581641.jpg

内箱とボード。
ボードは箱と同様でマット加工がされていて、デザインはロンドンの華やかだけれどもシックな雰囲気が存分にでていますね。
駒はうさぎとハリネズミで使われている平たい円形の木製駒から帽子型の木製駒になっており常に駒を動かし続けるすごろくゲームとしては動かしやすく好印象でした。
a0149148_1953797.jpg


カードデザインについて。
a0149148_19115722.jpg

トランプのような背面も凝ったデザインで素敵です。
大きく変わったのがイベントカードであるパスパルトゥーカード(上部真ん中)です。
カードデザインがキャラクターや、お手紙になっておりより世界観に入り込めるようになっています。そして使用するタイミングが任意のカードも増えているようです。
左上のカードが減らしていかなくてはならない「風聞カード」です。

a0149148_192354.jpg

プレイをしていくと、まずボードの美しさで引き込まれて、イベントカードで強盗事件の容疑をかけられながら旅をするドキドキ感を味わい、ゴールする頃にはすっかり世界を旅する世界観に惹き込まれて充実感を得られていると思います!

ぜひ、「八十日間世界一周」で不思議な旅をお楽しみください!

それでは、よい旅を!
a0149148_19462397.jpg


--------------------------------------------------------------------------------------------
当店ではほかにもホビージャパンのボードゲームの販売取り寄せ、新製品の予約を行っております。
お電話でも承っておりますのでぜひどうぞ。
a0149148_19481825.jpg

[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-05-18 19:51 | 新入荷 | Trackback | Comments(0)


エアラインモデル(旅客機)
a0149148_14062967.jpg
優美なラインを描くボディと翼を合わせ、個性あるカラーラングで見るものを魅了し続けます。 創造を掻き立てながら見て楽しむことこそエアラインモデルの醍醐味ではないでしょうか?「いい時間を いい過ごし方を」
a0149148_14065006.jpg
a0149148_14070427.jpg
a0149148_14071484.jpg
当店では、エアラインのほか戦闘機や飛行機など豊富に取り揃え、お子様から大人の方まで楽しんでいただけるお店です。今回は人気の高いエアラインを厳選して紹介いたします。

●ジェミニジェッツ(1/200・1/400)
ドラゴンウィングスと人気を2分するメーカーで、考証と忠実な印刷技術と美しい塗装はユーザーを魅了します。


a0149148_14073836.jpg
Gemini200(1/200) B787-9 エールフランス F-HRBA  税込¥18,900
遅く投入された「エールフランス」は次世代主力機として活躍が期待されます。金属製で、全長全幅 約30cmなる大型スケールとなり迫力満点。美しいホワイトボデイにトリコロールカラーが映えます。



a0149148_14080401.jpg
Gemini200(1/200) A320-200 ユナイテッド航空 N404UA  税込¥11,340
小型機市場に脅威を与えた旅客機で、アメリカ国内路線の要として活躍します。A320は各メーカーから出ていますが「ジェミニ200」のA320はボデイ形状が良くオススメの逸品です。



a0149148_14083042.jpg
Gemini200(1/200) B727-200 トランスワールド航空 N54351  税込¥9,288
3発機で中・小距離路線での有効性を証明した旅客機です。製品はトランスワールド航空が経営不振のためイメージ刷新を狙い、新塗装を施した頃の姿を再現。3発エンジンとT字尾翼とのバランスの良さが絶妙です。



a0149148_14085601.jpg
GeminiJets(1/400) A380 ブリティッシュ・エアウェイズ G-XLEB  税込¥9,072
欧州の意地を見せる大型旅客機です。コンコルドに代わる「フラッグシップ」として運用され、英国の威厳を示します。的確な前面形状と優れた機体プロポーション、そして印刷技術は「ジェミニ」ならでは、カラーグラデーションが美しくこれもオススメの逸品です。



●ヘルパウィングス(1/500)
1/500スケールを中心に展開しますがシンプルな塗装と印刷は美しく、根強いファンが多く存在。集めやすくコレクションには最適なサイズとなります。


a0149148_14092995.jpg
herpaWings(1/500)B787-9 KLMオランダ航空 新塗装 PH-BHA (ロゴ訂正版) 税込¥5,400
需要がさほど見込めない長距離路線に投入が可能な次世代中型旅客機です。KLMも2016年に日本路線へ投入され注目を集めます。製品は機首側の「KLM」ロゴが訂正されていますので、ご安心ください!各エアラインのB787-9の中で、屈指の「美しい」カラーリングを誇ります。関空でも大人気!?



a0149148_14100209.jpg
herpaWings(1/500) コンコルド エールフランス F-BVFD  税込¥4,968
朝食はパリで取り、昼はニューヨークで商談、夕方はパリで晩餐と謳われた超音速旅客機でフォルムから「怪鳥」とあだ名が付きます。ヘルパらしく素朴で美しい仕上がりで、愛好家に人気がある逸品です。



a0149148_14102421.jpg
herpaWings(1/500)B747-400 エールフランス 最終飛行時 F-GITD  税込¥5,940
「ハイテクジャンボ」の異名をとりエアラインの構造を変えた旅客機です。エールフランスも日本路線などに投入。各エアラインは需要が見込めず次世代機B787に変わりつつあります。プロポーションが大変よく「B747-400」の決定版としてオススメ!



a0149148_14105893.jpg
herpaWings(1/500) A319 エールフランス F-GRXF  税込¥4,320
A320の胴体を短くした旅客機で、ローカル線にて大活躍します。流石はヘルパで、小型機ながらフォルムを的確に捉え「愛嬌ある小型機」として面白味があり見ているだけで楽しめます」



a0149148_14112103.jpg
herpaWings(1/500) 777-300ER タイ国際航空 HS-TKU  税込¥5,400
各エアラインで国際線の主力となるワイドボディ双発旅客機です。300ERは航続距離延長型でB747-400の後継機種となりタイ航空も日本路線やヨーロッパ路線などに主力として活躍します。



a0149148_14120107.jpg
herpaWings(1/500) A330-300 ルフトハンザドイツ航空 特別塗装 「アイントラハト・フランクフルト」 D-AIKH  税込¥6,696
A330はA300の胴体を延長したワイドボディ機で「B777」と競います。製品はボディと主翼とのバランス対比が良いモデルで、オススメの逸品。また特別塗装の「アイントラハト・フランクフルト」はドイツのスポーツクラブで、サッカーファンに人気があります。


この趣味は想像力と空想力が備わり、見ていて楽しめ、集める楽しみと、そして旅行に行くキッカケにもなるはずです。思い出とともにいつまでもモデルとして、身近にあり続けます。
                 FIN





[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-05-10 14:31 | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(艦船)

ハセガワ 1/350 氷川丸 / フジミ  1/350 飛龍  製作者 中西眞治様

a0149148_18553146.jpg

ハセガワ 1/350 氷川丸
実船:
戦前、北太平洋航路で運航された12,000tの客貨船(日本郵船)。太平洋戦争では病院船となりますが戦後は1960年まで北太平洋航路で客貨船として運航を続け、運航終了後は横浜市の山下公園前(横浜港)に係留し、2016年8月に国の重要文化財に指定されます。
a0149148_18562147.jpg
作品:
ハセガワが良く考証し組み立て易く(どのメーカーの客船キットは組み立て難い)したメーカー自信作です。作品は甲板シートやエッチングを多用していますので見どころ満載です。特にアンテナ線の張りが良い感じにアクセントとして効いています。中々見ること無い客船の作品ですので、どうぞご覧ください。店頭ショーケースにて展示中
a0149148_18560611.jpg

a0149148_18571677.jpg
a0149148_18570312.jpg
a0149148_18573627.jpg

フジミ 1/350 飛龍
実艦:
中型空母ながら開戦時に空母機動部隊の1艦として運命のミッドウェー海戦まで活躍。ミッドウェー海戦で沈められる中、米空母「ヨークタウン」を討ちます。空母より「山口多聞」中将のほうが有名?
a0149148_18584685.jpg
作品:
キットはパーツや船体のの貼り合わせは、精度は高くフジミ自慢のキットですが、パーツの点数が多い点で苦労します。作品は丁寧に1つ1つエッチングを駆使して組み立てた艦船モデルの集大成です。ぜひ飛行甲板裏側の補強トラスやスポンソン、高角砲、艦橋そして艦載機と、これから組み立てられる方などに参考となるはずです。

a0149148_19003690.jpg
a0149148_19010426.jpg
a0149148_19013256.jpg
a0149148_19014595.jpg
a0149148_19015969.jpg












[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-05-05 19:04 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)


「ED16形」鉄道省型電気機関車

実車:
鉄道省と民間企業が力を合わせ初となる省型電機「EF52形」を1928年に完成させます。「EF52形」は国産電機の基準を確立した名機で性能も良く、「EF52形」以降の省型電機は全て、外見は違うけれども載っている機器は同じで「EF58形」まで続きます。
中央線と上越線の電化用にD型機関車が採用されます。優秀な性能だった「EF52形」をD型にして「ED16形」を1931年に18両が製造。1~5号機が中央線に、6~18号機が上越線に投入。中型機ながら使い勝手の良い機関車で重宝され以後、各線区を渡り晩年は青梅・南武線で過ごします。登場から半世紀に渡り活躍した息の長い機関車でした。
a0149148_12435754.jpg

模型:
各メーカーから多く製品化され、模型でも手頃な大きさから重宝されます。Nゲージでは製品化が遅くワールド工芸から発売され、のちにマイクロエース、そしてKATOという順で発売されます。
ワールド工芸は真鍮製で、何回か改良して出していますが工芸品のため走行には向いていません。マイクロエースは侮れない造形で、ファンに人気が強い名作です。満を持してKATOが市場に送り出します。抜群の走行性能、シャープなプラ成形と・・

◆KATO
まさかカトーからこの機関車が製品化されるとは思いませんでしたが、その後の「青梅・南武線シリーズ」の展開で理解できます。美しいプラ成形ならではの出来栄えと折り紙つきの走行性能は流石です。以下見ていきましょう。

●側面
プラ成形が美しくモールドも立体感があり、補強帯の段差とリベットの表現がとても良いです。
a0149148_14502846.jpg
a0149148_14504259.jpg
▲D型なので、アンバランスな補強帯の並びが特徴な機関車。すぐに1ENDと2ENDが分かります。

●前面
全体面で見れば流石はカトーとなるのですが、前面形状はマイクロエース製に軍配が上がります。(ライトはご愛敬)「EF10形」でも紹介しましたが、窓と扉は大きさのバランスが大切で、1つでも狂うとおかしくなります。カトーでは晩年時を再現していますので、窓枠がHゴムのモールドと印刷がされています。屋根のR角もおかしいような?でもカトーらしく纏まっています。
a0149148_14513630.jpg
▲手すりやなどの下回りは精巧でプラ成形の威力を存分に発揮。

●屋根
安定した作品で車体と屋根を別にして色分けを出しています。造形も見事で、抵抗器室モニターやパンタグラフ、そしてヘッドライトと見ていて飽きません。
a0149148_15102523.jpg
a0149148_15104371.jpg
▲抵抗器室モニターに注目!カトーが製品化したのが上越線仕様(6~18号機)です。それは抵抗器室モニター上部に雪除けの為のカバーが付いています。中央線仕様(1~5号機)は抵抗器室モニター上部がオープンになっています。(マイクロエースが中央線仕様となります。)

◆模型の趣
「ED16形」は万能機関車で小さくまた使い勝手が良いです。石灰石列車は王道すぎて飽きますので、やはり昭和40年代の頃を想定して楽しむのが良いと思います。
a0149148_15162509.jpg
▲客車牽引なら阪和線として楽しめます。普通ならオハ61やオハ35など、臨時、準急(急行)ならスハ43が合います。
a0149148_15164660.jpg
▲貨物なら首都圏や青梅・南武はもちろん阪和でもいいと思います。ここは有蓋貨車や無蓋貨車のオンパレードで

●姉妹機で比較
やはり省型電機の始祖となった「EF52形」と並べたくなります。マイクロエースは色々とアレですが、優れた一面も持ち合わせます。
a0149148_15292232.jpg
▲評価はどうあれ各メーカーの作り方が見て取れます。走行を重視したマイクロエース、走行とディテールを追及したカトー
a0149148_15285479.jpg
▲前面ではやはりマイクロエース側が一枚上手です。窓や扉のバランス具合をご覧ください。あれこれとありますが「こういう機関車」が製品化された今日、いい時代になりました。コレクションもいいですがやはり、存分に走行させて楽しみましょう。


























[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-05-05 15:38 | Trackback | Comments(0)