厚木ガーデンシティビル8階(イオンの上です)・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!


by posthobby_atsugi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「ED70形」交流電気機関車
a0149148_14454313.jpg

実車:
北陸本線は1957年に直流電化となる予定でしたが、試作交流電気機関車が優れた性能を示したことから交流電化に変更します。世界初の60Hz(商用電源周波数)を採用しこれに充てた交流電気機関車がED70形です。低圧タップ切替器と水銀整流器はイグナイトロン(後にシリコン整流器に改造)を採用。ラストナンバー機(19号機)は50・60Hz仕様としてバーニア制御を取り入れしばらくは東北本線で試験的に使用され後に北陸本線へ戻ります。終始、北陸本線で活躍しEF70形の登場まで多くの故障に悩まされ続けますが、北陸本線の主として君臨。名誉ある日本の電機史上初の量産交流機として名を歴史に残した名機ですが、EF81形の登場により1975年に廃車となりました。

模型:
N・HOゲージともに入門用機関車として定着がありますが、初めのTOMIX製品が有名だからでしょうか?当時は香港製ですが造形が良く優れた製品?です。後にマイクロエースやワールド工芸と製品化されますがこの2社の車体造形がアレですので、正確なED70が存在していませんでした。2017年2月にカトーから製品化されます。

◇KATO (カトー)
a0149148_15572604.jpg
このメーカーの恒例となる2月製品は、いつも特殊機関車で楽しみと喜びがあり、マニアにはたまりません。カトーが得意とするシャープなプラ成形と美しい車体造形で、とくに窓やヒサシ、スカートの大きさはバランス良くまとまっています。動力性能もスローが良く効き静かな走行音と相まってライト点灯も明るく流石、カトーです。

◇前面
気になる前面ですが今回のED70は、カトーの会心の作と云っても過言ではなく、それは決めてとなる窓の大きさとバランスの良い配置とスカートの形状とヒサシの造形、そして程良い手すりの太さとEF30にはない繊細な作りです!
a0149148_16253300.jpg

◇側面
特徴として赤の車体に、シルバーメタリックの通風機が良く目立ちます。クイル式駆動方式を採用していますので独特な台車形状も満足する出来栄えですが、さらに見ていくと床下機器と車体裾の造形は本当に流石です。
a0149148_16494608.jpg

◇屋上
赤いボデイに黒い屋根板パーツをはめ込む構成で、塗り分けの境界線を美しく表現。パンダグラフや高圧線や碍子など、交流機は模型映えし見ていて楽しいです。
a0149148_17005602.jpg
a0149148_17021131.jpg

◇模型の趣
カトー会心の作を楽しむため、やはり北陸本線がメインとなります。始めは相棒のEF70と・・・
a0149148_17071567.jpg
a0149148_17125578.jpg
引退前は良くこうして重連で走行するシーンが見られます。
a0149148_17144671.jpg
EF71やED78とは一味違う雰囲気を味わう事が出来るのもED70のおかげ?
a0149148_17174073.jpg
DF50と似た車体を持つED70とEF65と似た車体のEF70、共に時代の狭間を見て取れます。

a0149148_17203135.jpg
客貨両用の機関車は扱い易く、貨物も良く似合います。
a0149148_17220609.jpg
ローカル列車主体の機関車で、青色より茶色の客車が良く合います。臨時として12系などの組み合わせも楽しめます。ED76-500と並びこのED70こそ、会心の作品で是非とも楽しんでいただきたい機関車です。今後はED71やED72の製品化に期待したいところです。

















[PR]
# by posthobby_atsugi | 2017-03-01 17:31 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)
◇実車紹介
a0149148_18034752.jpg
1988年(昭和63年)小田急は初のステンレス車体と、VVVFインバーター制御(可変電圧可変周波数制御)車として1988年に登場。現在も主力として活躍します。
a0149148_18091014.jpg
2009年3月のダイヤ改正で、小田原~箱根湯本駅間(始めは新松田~箱根湯本間)の箱根登山線内を小田急車両で運用することになり1000形が選ばれ4両編成3本 (1059F - 1061F) が、車体の外装を赤色(レーティッシュカラー)に施されました。2012年3月には、もう1本(1058F)が増備され、この区間の主力として活躍し続けます。

◇模型を見る
小田急カラーが先の発売となり出来栄え良く、傑作商品となります。この車体を利用しバリエーションとして「レーティッシュカラー」が発売となります。
a0149148_18211213.jpg
何層に渡る色の塗り分けは工程として大変なものですが、上手く再現されて好ましく鮮やかに。

1・前面
やはり気になる前面ですが、プラ成形も良く素晴らしい造形です。
a0149148_18250438.jpg
決めてとなるライトケースの大きさも良く、額縁ガラス窓の対比も流石です。手すりを付けていませんが、十分にユーザーの期待に応えてくれます。
a0149148_18281807.jpg
a0149148_18285288.jpg
小田急カラーと並べると特別なカラーリングが映えます。このメーカーが得意とするスカートや連結器の造形に注目!

2・側面
特徴あるレーティッシュカラーが見せ所で、塗装も美しく表現。裾帯のブラウンがアクセントとなり落ち着いたカラーリングは流石、スイスで保守的な日本と一味違います。
a0149148_20183348.jpg
a0149148_20185769.jpg
a0149148_20195162.jpg
a0149148_20191685.jpg
製品は1095編成がプロトタイプで、小田急ブランドマークが輝きます!先頭車はともにライトスイッチが付いていません。TNカプラーを装着し他形式と運用する際は注意が必要です。(先頭車には0339・TNカプラー2の使用をオススメします。スカートはもちろん接着で・・)

3・総括
正確な車体造形が美しく、さらにレーティッシュカラーを全体に纏う姿はイベントカーらしく鮮やかです。小田急カラーと並べても異色の存在!
a0149148_10284046.jpg
a0149148_10300134.jpg
4両編成ですので、小スペースのレイアウトに向いています。変わった遊び方などしてはどうでしょうか?エンドレスプランではなく出発から終点と折り返しのプログラム運転も一考です。途中に列車交換用(ポイントを設置)として駅か信号所を設けましょう。

大レイアウト上で10両編成が行き交うのも壮大な魅力ですが、本当の鉄道趣味人は古風ある車両と短く敷かれた路線を好みます。それはこの趣味の頂点で、必要な要素(希少車両・トンネル・鉄橋・小さな車庫など)が沢山あり、のんびりとした風景が叙情的に広がり自分の世界を見出すことができます。

今後の再生産も怪しいですので、稀で変わった1000形をこの機会に存分に楽しみましょう!




















[PR]
# by posthobby_atsugi | 2017-02-19 11:00 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)

改装しました!!

突然ですが、

ポストホビー厚木店、売り場を大幅にリニューアルしました!!


今回のリニューアルで特にボリュームアップした2ジャンルをご紹介!

ガンプラ・キャラクタープラモデル!!
a0149148_9354644.jpg



アームズマガジンショップ!!
a0149148_9395866.jpg




日頃いらっしゃってくださっているお客様、

「あの商品、どこに行ったの?」

となったら、お気軽にスタッフにお問合せください。


スタッフ一同、ご来店お待ちしております!!
[PR]
# by posthobby_atsugi | 2017-02-11 18:14 | その他 | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(戦車)

タミヤ1/48ドイツ重駆逐戦車 ヤークトタイガー 初期生産型    製作者:原田寿文様


実車:第2次世界大戦も終盤となる1944年暮れから投入された重駆逐戦車で、12.8cm砲を搭載し絶大な攻撃力と強固な防御力を有しますが、機動力が悪くほとんどが戦車での撃破ではなく航空攻撃で撃破されています。ドイツ戦車の最後を飾るに相応しい駆逐戦車でした。

作品:1/35スケールのノウハウをそのまま1/48スケールに引き継いだ質の高いキットです。作品はこだわり多く、ツィンメリット・コーティングを施しており、剥がれや戦闘室内部も丁寧に実感よく再現。各所には作者の思い入れが深く作り込まれており中でも、履帯と汚し技法は見せ場の1つになっています。まさに力作と云っても過言ではありません!
a0149148_19114717.jpg
a0149148_19122634.jpg
a0149148_19123845.jpg
a0149148_19131250.jpg

a0149148_19133982.jpg
a0149148_19140158.jpg











[PR]
# by posthobby_atsugi | 2017-02-05 19:19 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)
「40系」鉄道省形直流通勤形電車
a0149148_14363307.jpg

実車:
1932年(昭和7年)に大阪地区にて初の国電としてモハ40・モハ41・クハ55形が登場します。3扉、ロングシートの通勤形で車体は鋼製20m車、モハ63形の登場までバリエーション多く製造。翌年には電動機をパワーアップした出力増強車や電気回路が異なる東京向け車など、戦前の通勤形電車の標準を確立した名車です。

模型:
紹介するKATO(カトー)製品は1935年(昭和10年)の増備車で、前面部が丸みをおびた半流線形が特徴です。当時は流線形が世界的に流行しておりなんでも流線形が施され、名車が生まれていますが、この40系もそのうちの1つです。

◇KATO(カトー)
a0149148_14372849.jpg
カトーがHOゲージに参入し黎明期の作品ですが、見事な出来栄えで多くのユーザーを魅了します。このメーカーお得意のシャープなプラ成形とパーツのはめ合わせ精度など価格とバランスが取れた「傑作」で、特に見て惹かれるリベット、シルヘッターの造形と落ち着いた「ぶどう」色がアクセントとなります。

a0149148_14471816.jpg
半流線形の顔も、優美な曲線ラインがこの車両の良さを一層に引き立たせます。旧国はこう云う「優しい顔」と「ゴツイ顔」に分かれます。ヘッドライトと連結器や下回りの造形は素晴らしい!

a0149148_14544006.jpg
妻板も抜かりなく再現!換算表記などが良いアクセントとなります。(インレタより印刷の選択は流石です!)


a0149148_14580491.jpg
a0149148_14581600.jpg
モハとクハの作り分けも出来ており、リベット、シルヘッターの立体感が良く分かります。

a0149148_14541860.jpg
クハ55ですが、旧国はこの角度から見ると車体造形の美観が分かります。カトーの40系は「実車」より美しく再現しており、20系寝台客車も同様で、実車より模型の方がカッコ良く見えるから不思議?でもメリハリの効いた造形と曲線ラインが決まっており見ていて飽きません。
a0149148_15062986.jpg
クモハ41の屋根周りで、ベンチレーターとランボード、絞り込まれた屋根端部そしてパンダグラフの立ち上がり具合が最高です。

a0149148_15090637.jpg
a0149148_15092506.jpg
連接面は、カツミ・エンドウのACEカプラーなどに負けません。注目してほしいのが台車形状で凹凸を出した美しい造形で、車輪もスポークとしています。台車はまさに車両の命です。

a0149148_15131764.jpg
今回の生産品から改良され、方軸駆動から両軸駆動に変更となりました。性能面でも良くスローが効き流石、カトーです!!
ある意味、これで40系を本当に楽しむ(走行)ことが出来ます。


◇模型の趣
より楽しむため、EF10と並べてみました。ともに機械美に溢れた造形はまさに頂点です。車輛は溶接された一面の板より、骨組みの帯とリベットで組まれたゴツゴツした板は、ユーザーに楽しみを与えます。
a0149148_15171460.jpg

a0149148_15174855.jpg
戦前を代表する省形国電と省形電機、実車はともに職人の手で、丁寧に組まれ半世紀に及ぶ活躍を見せます。数ある製品化された物でもこの2つは優れた好製品です。カトーの情熱と思いが入った40系、素晴らしい作品ですので、ぜひとも購入と、走行をたのしんでほしいです。


























[PR]
# by posthobby_atsugi | 2017-02-03 15:32 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)