厚木ガーデンシティビル8階(イオンの上です)・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!


by posthobby_atsugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:プラモデル ( 240 ) タグの人気記事

どうもこんにちは。ガンダム担当Oでございます。
予告しているHGジム限定コンテストの反響が良くて嬉しい限りです。
アレやコレは良いんですか?という問い合わせも多くなってきました。
近いうちに細かく告知しますので今しばらくお待ち下さい。
早めに知りたい方には即答しますのでお気軽にお問合せ下さいねー。

では今回の製作です。
a0149148_11095383.jpg
RGを作るにあたり、ユニコーンの資料を読んでいたら、あることに気付きました。
アンテナの中央部分のヒンジ。ガンプラが全てこうなってるので違和感なくこうだと思ってましたが・・・
a0149148_11101994.jpg
カトキ先生の画稿。中央の横線(可動部)ラインが無い・・・。
a0149148_11145390.jpg
マスターアーカイヴによるとこうなっているらしいです。
そりゃ宇宙世紀の超技術ですからね。プラモみたいな単純なヒンジなわけないよね。
a0149148_11162573.jpg
ってことでやっぱり中央ラインの無い固定式のアンテナにしました。
a0149148_11172605.jpg
でも絵によっては描かれているので(ガンプラ基準なのかなあ・・・。)こっちでも間違いではないようです。
まあ好みですが、これがあると極端にガンプラっぽくなるので今回は無しの方にしてみました。

頭部はこれで終わりとして、次は胴体です。
a0149148_11214748.jpg
パーツ多いですがしっかりと表面処理していきます。
ディティールを潰さないようにヒケのある平面を中心にやすっていきます。

胴体といえば「製作記その1」でも少し触れましたが
a0149148_11252952.jpg
ヒンジの関係で胸部サイコフレーム両脇(ガンダムでいうダクトにあたる部分)下の白いカバーが短いのです。
a0149148_11272590.jpg
これは私が以前に製作したPGの同部分。本来はこれぐらいせり出します。
ここは私のユニコーンお気に入りポイントの一つで胸部カバーがフィン状(ルーバー?)になる素晴らしいデザインだと思います。
なので何としても再現したい部分。
a0149148_11311457.jpg
まずはカバーのヒンジを切断。ハイパーカットソーが超便利です。よく切れるので指を切らないように気を付けよう!
a0149148_11324449.jpg
1mm角棒で後端を延長します。2重にして本体との接着面を稼いでます。
右が加工後。
a0149148_11343381.jpg
取り付けると良い感じじゃないでしょうか。ややグラグラしますが、今回はデストロイ固定なので最後は接着します。
どっちにせよ、カバーが延びてるのでUCモードにはなれませんが・・・。
a0149148_11371111.jpg
そうして胴体が終了。やったぜ!
それにしても腕が外せないのがちょっとストレスですね。
次は腰から下を作っていきますのでお楽しみにー。
ではでは。



[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-08-20 11:42 | 製作記 | Trackback | Comments(0)
どうもこんにちは。ガンダム担当Oです。
遂に秋のテーマコンテストのお題が決まったので(ガンプラはHGジム系列)何かジムを作りたいなあと
思うのですがRGやり始めちゃったしなあという微妙な思いの今日この頃・・・。
しかしシナンジュも作ったわけだし、やるっきゃない!ということで今回の製作です。

まずは頭部から行きます。
a0149148_14524012.jpg
全て切り出すと1/144とは思えないパーツ数。肝となるMSジョイントはマスキングで対応しようかなーと思いつつ、表面処理していきます。
基本的にはディティールが入り組んでるところは手を付けず、目立つ面を処理していきます。
私の場合は400番~600番のペーパー掛けで仕上げ。後はサーフェイサーEVO先生に任せるということで。
a0149148_15242060.jpg
ツインアイはクリアーグリーン成形ですが、何故か目の真横にパーティングラインが!
ヒサシで目立たなくはなるものの、やっぱり気になるのでしっかり消します。
a0149148_15324395.jpg
頭部バルカンは砲口のディティールが甘いのでドリルで掘ってます。
白いパーツなので写真じゃ分かりづらいですが、実際はけっこう効果的でした。
a0149148_15422754.jpg
アンテナは可動、固定タイプの2種付いてますが、2種の差が無かった(MGの時はディティールの凸凹が有)ので中央に設定通りの分割線がある可動タイプを採用しました。
基本工作であるシャープ化を行っています。下が加工した物です。尖らせ過ぎると破損率が上がるので、輸送を考えて、程ほどで止めておきました。
a0149148_15494827.jpg
あと少しというところで、ツノを付け替えて遊んでいたら、根本の軸が折れました・・・。(泣)
ので強度アップも兼ねて真鍮に置き換えました。ケガの功名と言う事で。(笑)
一気に真鍮線を差してといきたいところですがヒンジが小さく破損の恐れがあったので
0.5mm真鍮線を差し込み、1.3mm真鍮パイプで被せる方式としました。
a0149148_15572885.jpg
そして頭部が完成。ヤッター。
中々精悍なフェイスではないでしょうか。頭部が出来るとモチベも上がってくるものです。
さー、この勢いで次は胴体だーっ。
次回に続く!

[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-08-16 16:03 | 製作記 | Trackback | Comments(0)
どうもこんにちは。久しぶりの登場、ガンダム担当Oです。
最近はツイッターの方が使いやすくて呟いてたんですが、やっぱり製作記はブログの方が良いですね。
書きたいこといっぱいあるので。(苦笑)
ということで一年ぶりの製作記。前回の予告通り「コイツ」です!
a0149148_19534913.jpg
RGユニコーンガンダム!
シナンジュが出た時点でリリースは確実でしたが、変身という困難なギミックの為、もっと遅いリリースだと思ってました。
そう、あともう1年くらい・・・。恐るべしバンダイの技術力。

で早速組んでみます。とにもかくにもまずは仮組み。
パーツの合いや形状などを確認しつつ組んでいきます。
そして・・・
a0149148_20011543.jpg
a0149148_20013321.jpg
a0149148_20014895.jpg
できましたー。キャーカッコイイ!
結構ガンプラに慣れていると自負する私でも割と時間がかかりました。
で組んでみた感想としては「すげー」の一言。←普通の人っぽい
変身のギミックも動かすたびに「なるほどこうなって・・・」と楽しいです。
これは簡単フィニッシュで仕上げてガシガシ遊んで飾るのが正解でしょう。
全塗装して作ろうなんて世の理に逆らうことはしないのが無難。
しかしそれじゃ製作記にならないので真面目に考えましょう。

このユニコーンは変身ギミックを1/144で再現していますが、強度確保の為に、ヒンジなど規定のサイズになっています。
スケールモデル的に見るとかなり妥協している部分があります。
例えば胸部両サイド下のカバー。ヒンジの関係でかなりサイコフレーム下にもぐってますが、
実際はもう少し手前まで先端が出ている形状です。
こういった本来のデストロイモードと形状の違う部分を、デストロイモード固定とすることで
再現していこうという方向性に決定しました。

そんなわけで次回からいよいよ工作スタート!
皆も一緒に作ろう!
ではではー。



[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-08-10 20:17 | 製作記 | Trackback | Comments(0)

週末セール開催!

突然ですが、表題のとおり週末セールを開催します。
セール品はキャラクタープラモデル中心で40%OFFとなっております。
主な品目(一部)
・HGIBOユーゴー
・HGBFスクランブルガンダム
・1/72アーマードメサイアアルト機
・キャプテンファズマ
・HGIBAオプションセット5+鉄華団モビルワーカー
など。
早い者勝ちです。
よろしくお願いしまーす!

a0149148_15442097.jpg



[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-06-16 15:44 | イベント情報 | Trackback | Comments(0)
どうもこんにちは。ガンダム担当Oです。
表題のとおり、先日当店にて行われたコンテストの審査結果を発表致します。
今回はガンプラ部門24作品、キャラクター部門19作品、スケール部門8作品、ミリタリー部門14作品、
合計で65作品の応募がありました。(内6作品は当店スタッフだったりするのですが・・・。笑)

今回も力作揃いで甲乙つけがたいのですが、そこはコンテスト。
人に見られるということを意識しつつ、製作するというのも模型の醍醐味の一つといえるでしょう。
自分では頑張ったと思っている作品が、他の人にはどう見えるのか・・・。
コンテストに出品することでレベルアップの糧にして頂ければ幸いです。
ではうんちくはこの辺にして結果発表いってみよう!
なおコメントはガンプラ、キャラの担当が私。スケール、ミリタリーの担当が(池)となっております。


ガンプラ部門
a0149148_17482733.jpg
a0149148_17483722.jpg
金賞「ジェスタ くノ一」パイセン鈴木様 4pts
MGジェスタをカスタムしてますが、BF的な設定無視でなく、存在しそうな範囲内で遊んでるのが好印象。
配色やマーキングのバランスもよく、適度な密度感が心地良く感じられました。

a0149148_18021846.jpg
銀賞「MGリックドムver.2.0」デカール様 3pts
見た瞬間に目を引く過密なディティーリングが印象的な作品。単調にならないように各部に差し色を入れたり、
メタリックを配したりと工夫が見られます。頭部が埋まってるように見せる改造も効果的でした。

a0149148_18073670.jpg
特別賞「強化型ZZガンダム」矢野真央様 2pts
HGUCZZを強化型に改造しつつ、プロポーション改修で今風なフォルムとして仕上げた作品。
一部にリゼルなどのパーツを使用しUCとの整合性を取っているのが見事。
完成を急いだことが各部に表れているのが惜しいです。

キャラクター部門
a0149148_18160413.jpg
a0149148_18161962.jpg
金賞「使えるのか?それ ~とある古城跡にて~」アダー様 4pts
1/24のダンバインを使った大型ビネット。大きさを生かした生物的表現や塗装、テクスチャなど
見どころが多いです。スケールモデル改造のフィギュアも特徴を捉えていて、文句なしの授賞です。

a0149148_18242645.jpg
銀賞「ブラッディ・オーガ」Raptor様 3pts
コトブキヤのHMMゴジュラスキャノンをフル塗装。もうそれだけで凄いんですが、細部もしっかり塗り分けられており、
抜群の密度感。各部に配したメタルパーツも良いアクセントです。全身のマーキングも密度向上に役立ってますが、一部に
ガンダム世界のマークが貼ってあるのが惜しかったです。

a0149148_18302434.jpg
特別賞「ナウシカ」t-b様 2pts
今回はプラフィギュアの参加も多かったのですが、その中で一際異彩を放っていました。独特の筆塗りのタッチが
作品世界とベストマッチ。メーヴェに施された水色のシャドーも面白い仕上がりでした。

スケール部門
a0149148_18370994.jpg
a0149148_18382535.jpg
金賞「Ninja ZX-14」金銅鉄 4pts
本物のようなフレームの光沢、タイヤやマフラーの質感が際立つ作品。
メーターなど細部に至るまで実物のような大作です。

a0149148_18422072.jpg
銀賞「NSXブルー」K.jojo様 3pts
台座にもこだわった新車イメージの作品。
ガラスの反射で見える車体下にも自然と目が行くような見事な見せ方に注目。

a0149148_18441094.jpg
特別賞「犬山城」sugi様 2pts
石垣や漆喰の汚れが実写のような表現となっています。
模型と台座のバランスも良く、一目で城全体を見渡せるような作品です。

ミリタリー部門
a0149148_18455053.jpg
a0149148_18462068.jpg
金賞「駆逐艦 電」kouya/reaperB様 4pts
マスト等が自作となっており、各細部のディティールにも力が入っている大作です。
台座が白波が立つ海面ベースとなっており、迫力のある作品。

a0149148_18502115.jpg
銀賞「Aibatros DV」よすけ様 3pts
エンジン細部まで塗装、汚しが丁寧に加えられています。
台座の休息がてらの補修待ちのようなジオラマも良い雰囲気を演出しています。

a0149148_18513496.jpg
特別賞「アライさんが本当に乗りたかったもの」すーめだか様 2pts
永年ほったらかしになって車体表面が風化したかのような段差がある剥がし表現が見事な作品です。
自作というフレンズも作り込まれてます。


・・・と以上のような結果になりましたー!
参加してくれた皆様、お疲れ様でした!
そして次回もよろしくお願いします。
なお次回コンテストは7月29日から募集開始予定です。
今回同様のオールジャンルでガンプラ部門のみGBWC(ガンプラビルダーズワールドカップ)の予選を兼ねます。
ガンプラ部門の方は以前よりルールが厳しくなっておりますのでご注意下さい。(ホビーサイトで確認できます。)

ではではー。




 


[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-06-01 10:34 | コンテスト | Trackback | Comments(0)

お客様作品紹介(艦船)

ハセガワ 1/350 氷川丸 / フジミ  1/350 飛龍  製作者 中西眞治様

a0149148_18553146.jpg

ハセガワ 1/350 氷川丸
実船:
戦前、北太平洋航路で運航された12,000tの客貨船(日本郵船)。太平洋戦争では病院船となりますが戦後は1960年まで北太平洋航路で客貨船として運航を続け、運航終了後は横浜市の山下公園前(横浜港)に係留し、2016年8月に国の重要文化財に指定されます。
a0149148_18562147.jpg
作品:
ハセガワが良く考証し組み立て易く(どのメーカーの客船キットは組み立て難い)したメーカー自信作です。作品は甲板シートやエッチングを多用していますので見どころ満載です。特にアンテナ線の張りが良い感じにアクセントとして効いています。中々見ること無い客船の作品ですので、どうぞご覧ください。店頭ショーケースにて展示中
a0149148_18560611.jpg

a0149148_18571677.jpg
a0149148_18570312.jpg
a0149148_18573627.jpg

フジミ 1/350 飛龍
実艦:
中型空母ながら開戦時に空母機動部隊の1艦として運命のミッドウェー海戦まで活躍。ミッドウェー海戦で沈められる中、米空母「ヨークタウン」を討ちます。空母より「山口多聞」中将のほうが有名?
a0149148_18584685.jpg
作品:
キットはパーツや船体のの貼り合わせは、精度は高くフジミ自慢のキットですが、パーツの点数が多い点で苦労します。作品は丁寧に1つ1つエッチングを駆使して組み立てた艦船モデルの集大成です。ぜひ飛行甲板裏側の補強トラスやスポンソン、高角砲、艦橋そして艦載機と、これから組み立てられる方などに参考となるはずです。

a0149148_19003690.jpg
a0149148_19010426.jpg
a0149148_19013256.jpg
a0149148_19014595.jpg
a0149148_19015969.jpg












[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-05-05 19:04 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)

組み立てながら日本史を学びましょう!
当店では「童友社コーナー」を展開中です!この機会のどうぞ!歴史とプラモデルの狭間にある、新しい価値を見出すことができます。
a0149148_17031609.jpg
a0149148_17084635.jpg
a0149148_17090275.jpg
▲豊富に品揃えをしています。必ずお好みなものがあるはず!

当店厳選商品はコチラ

●日本の名城シリーズ 「小田原城」
a0149148_17110338.jpg
ご当地のお城となる「難攻不落の小田原城」です。
北条早雲(伊勢新九郎)が大森氏から奪取したことから「後北条」が始まり居城となりますが、キットは江戸幕府時代をモデル化したものです。箱組ながら堂々たる本丸と仕上がります。稲葉氏が治めたことで「春日局」の供養塔が有名。


●日本の名城シリーズ 「岐阜城」
a0149148_17112451.jpg
美濃の国の中心に位置する「稲葉山城」で齋藤氏や織田氏などの居城で知られ、関ケ原の戦いでも重要な役割を果たした名城です。
このメーカーの有名なキットの1つで、山の土台に本丸と曲輪や櫓などてんこ盛り、そして森や草を再現するスポンジが付きます。上手く森を再現出来ない場合は鉄道模型用をオススメします。


●日本の名城シリーズ 「松本城」
a0149148_17113985.jpg
長野県の深志平に構える名城。五重六階で日本最古となる国宝の城となります。さらに黒と白のコントラストがアルプスの山々に映えて見事な景観です。このキットも伝説的なキットで、この名城シリーズ「屈指の完成度」を誇ります。それはベースが堀となり水面シートが付属、天守の甘いモールドの良さ、架かる橋と、見事なモデルバランスで、作り手を何故か満足させます。


●JOYJOYコレクション 「鶴ヶ城」
a0149148_17310827.jpg
会津の名門「蘆名氏」の居城で、のちに蒲生氏郷が「鶴ヶ城」と改名。江戸幕府では「三代将軍・家光の弟」保科正之が入り会津藩を治めます。戊辰戦争では、このために徹底的に破壊された経緯をもつ悲しい名城です。このキットシリーズは全て同じ構成で、唯一この「鶴ヶ城」は見栄えよく仕上がります。

●名将兜シリーズ 「真田幸村」
a0149148_17115381.jpg
NHK大河ドラマで人気が出たのと同じく、商品化されたキットです。六文銭の前立てと、赤備えで有名な「赤の兜」両脇に鹿の角を立て、威厳を出しており考証も良く、オススメの商品です。(真田太平記がオススメですよー、丹波哲郎や渡瀬恒彦そして草刈正雄)

●日本の名刀シリーズ 「風林火山」
a0149148_17121643.jpg
風林火山の旗のもと「組織的行動を重視した正攻法」の兵法で、戦国最強と謳われた武田信玄。奉納したのかは不明ですが・・・
キットは刀にメッキを施したスタンダードの構成で、初心者でも組み立て易くなっています。

ゴールデンウイークには是非とも「親子」でチャレンジしていただきたいプラモデルです!




[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-04-29 17:16 | オススメ商品紹介 | Trackback | Comments(0)
プラッツ(ズべズタ)1/72 SU-27SM フランカーB     製作者:関 洋介様

実機:
旧ソ連が威信をかけて送り出した制空用戦闘機。アメリカのF15に勝る性能と優れた機動性、美しいプロポーションを有し、ロシア国民から「ジュラーヴリク」(鶴)と云われ愛されます。ゲームで知り、興味を持った方が多いと思いますが、ブカチョフやファンボローを知っていれば軍事通です。
a0149148_12174737.jpg
作品:
このキットは「ドイツレベルのOEM」版で、付属するパーツとデカールが通常と異なります。モールドが薄いのが難点なのですが、手際よく掘り直されており機体のパネルラインが良く引き立ちます。塗装も美しく仕上げ、中でもエンジンとコクビットは見どころとなっています。作者の情熱が伝わってくる力作のフランカー、是非に店頭の展示ショーケースにてご覧ください。

a0149148_12192416.jpg
a0149148_12193450.jpg
a0149148_12202606.jpg
a0149148_12204635.jpg
▲この優美な曲線が織りなすプロポーションは「鶴」に見えます。(ロシア人はそう見える?)キットも「美しく」再現。
a0149148_12212313.jpg
▲コクビットも繊細に組み立て、塗り分けられています。ヘッドアップディスプレイ(HUD)もしっかりと流石です。

a0149148_12200649.jpg
▲▼エンジン周りも忠実に再現。チタニウムなどの合金や耐熱の焼けた感じも良いです。多くはクリアーオレンジなど多用しますが、クリアーブルーも落ち着いています。
a0149148_12195128.jpg









[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-04-19 12:32 | お客様作品紹介 | Trackback | Comments(0)
a0149148_12131970.jpg
第二次世界大戦で活躍した艦隊主力空母です。6隻が建造され1~3グループに分けられますが、アオシマのキットは1グループ(1~3番艦)の原型となります。

40年前のキットを完全新規金型でリニューアルされ、間違えている形状や不明な点などが改善されています。全体のプロポーションが良く(旧キットもそれなりに)アオシマとしては好製品(戦艦長門 以来か?)ですので、おすすめです。

◇キット構成
a0149148_15110979.jpg
a0149148_15112260.jpg
▲見ていただきたいのは船体の形状で、ナックルフレアや各種の張り出し、収納用区画スペースと忠実に再現。艦首部のスライド金型による造形ですがここ最近、技術も良くなりました。甲板も、カタパルト、ポンポン砲のシールドなどのモールドも良い感じです。

●組み立て説明書
先に発売された「イラストリアス」では説明書に不備がありますが、「ビクトリアス」では修正されています。
a0149148_15372148.jpg
▲「イラストリアス」の説明書!
a0149148_15563622.jpg
▲「ビクトリアス」の説明書!
マストを組み立てる際、「D部品」ですが、「D13」が記載されているか、無いかが問題となります。以前「アークロイヤル」でも有りました!さあ、何処でしょう?

◇HMS イラストリアス
a0149148_15212891.jpg
▲キットはサンプルを素組みしたものです。重厚感ある堂々とした艦影です。(パッケージも良いですね!)

a0149148_15232640.jpg
a0149148_15234016.jpg
▲以外に11.4mm両用砲の良い出来具合が高評価ですが、やはり艦橋が分割式の構成となり中央の窓がありません?(あえて省略?)マストの長さ、ビーコンや煙突などバランス良く仕上がっています。艦橋前の張り出しのパーツで他艦と差別化を図ります。
a0149148_15311428.jpg
▲▼「イラストリアス」とするため船体の一部を別パーツ化しています。11.4mm両用砲の「ナックルの突出部」で、このパーツを取り付けます。(比較は「ビクトリアスを参照」)
a0149148_15354537.jpg
a0149148_17262891.jpg
▲上は「ビクトリアス」です。


a0149148_16155449.jpg
▲塗装後の完成サンプルです。地中海地域で活躍した時の迷彩ですが・・・タラント空襲後となります。

◇HMS「ビクトリアス」
a0149148_16205190.jpg
▲こちらもサンプルを素組みしたものです。艦橋の張り出し部が目立ち、「イラストリアス」よりはカッコ良くなっています。
a0149148_16270137.jpg
▲この艦の特徴となる肥えた艦型が良く再現されており見事。シルエットも良く現代空母の原型となります。
a0149148_16301214.jpg
a0149148_16302641.jpg
▲アイランド型艦橋で、造形のメリハリも良く技術も一段と前作より進歩しました。
a0149148_16322093.jpg
▲前作と違う点は、艦首と艦尾で、しっかりとシースルーの形状を再現。
a0149148_16342662.jpg
▲正面から臨んだ艦影。エンクローズドバウとナックルフレアの造形は流石。船体の外舷が美しい円弧ラインを描きビーム状にサイドに広がりますが、これは戦艦並みの肥満型船体の証でイギリス空母の特徴となります。
a0149148_17305501.jpg
▲塗装後の完成サンプルです。北大西洋と北海の時の迷彩です。

◇総括
今の金型技術を駆使したアオシマ自慢の作品です。多く言えばまだ一歩となりますが、難しい?外国艦を良く考証しアオシマなりの解釈で製作されています。パーツの差し替えで、差別化を図っていますので今後、「フォーミダブル」の製品化を期待したいですね!(アオシマの営業の青〇サン、よろしくお願いいたします。)

日本は地政学的にイギリスと似ており、資源が無く輸入に頼る所は同じで海軍もお手本としています。海軍のトップとなる名称は最高司令官ではなく「第一海軍卿」で日本の「軍令部総長」と呼び名と役職は同じです。(アメリカは「作戦部長」)また艦隊の組織も同じとまさにモノマネ・・友好国として色々と手を結び、人種を超えた姉妹国家となります。





































[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-04-16 17:47 | オススメ商品紹介 | Trackback | Comments(0)
春の次はゴールデンウイーク!この時期は、ユックリとご自宅で模型製作に取り掛かりましょうー♪


オススメ艦船プラモデル「ピットロード」

大戦艦から現代艦まで、豊富な種類を製品化。キットは「トランぺッター」となりますが、決して侮れない設計と造形技術を有します。(ご愛敬で、たまにダメな物も)そして選定されたラインナップなど魅力満載のメーカーです。
a0149148_19450424.jpg
▲当店では豊富に品揃えをしています。この他に~ロシア空母「アドミラル・クズネツォフ」や米海軍原子力空母「ジョージ・ワシントン」そして、1/350海自イージス艦「あたご」「きりしま」など~ 特に外国艦は他店には負けません!

●担当オススメ「厳選キット」
W191「1/700 米海軍 戦艦 BB-44 カリフォルニア 1945」
a0149148_19504636.jpg
▲改装後の姿を的確に再現。船体のバルジの張り出し、艦首のクリッパーバウ、レーダー管制類など細かく作り分け。モールドやメリハリがある上部構造物と、見事に尽きるキットです。


●(番外編)おすすめキット~
トランペッター 1/350 ドイツ海軍 航空母艦 グラーフ・ツェッペリン
a0149148_20035883.jpg
異端空母ながら強力な装甲と巡洋艦なみの武装を有し、航空重巡洋艦の名に相応しですが、空母「赤城」を参考にしています。
可能な限り考証を行い、スライド金型ならではの繊細なモールドで、船体構造を良く再現しています。レーダー類はエッチングパーツを使用。ボリューム満点のビックスケールです。
a0149148_20043121.jpg
▲ドイツレベル(1/720)を超える正確な決定版モデル。格納庫まで再現されます。
a0149148_20045245.jpg
▲取り扱い説明書も分かり易くなっていますが、カラーガイドがまた凄く、この様な迷彩をする予定だったのか分かりません。出どころはポーランドあたりかな?(ビスマルクの砲塔上の航空識別カラーも以前は赤からダークグレーとなった件もあるし・・)

FIN




[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-04-11 20:13 | オススメ商品紹介 | Trackback | Comments(0)