厚木ガーデンシティビル8階(イオンの上です)・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!


by posthobby_atsugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ビックファイブと称された名艦「カリフォルニア・1945」を見る

ピットロード W191「1/700 米海軍 戦艦 BB-44 カリフォルニア 1945」
a0149148_12175735.jpg
ピットロードから待望の「カリフォルニア 1945」が発売されました。キットはトランぺッター製そのもので、取扱説明書とカラー塗装図とパッケージは日本語になったのが変更点です。

◇模型の趣
「カリフォルニア」は1941年12月8日の真珠湾攻撃にて大破着底します。後に浮上させ、米本土へ自力航行してピュージェット・サウンド海軍工廠で大改修を受けます。この改修で装甲強化や対空砲増設および火器管制システム装備を施し、新型戦艦「サウス・ダコタ」似た艦容となりますが、むしろ対空兵装の面では新型戦艦(アイオワなど)に勝っています。同型艦のテネシー、ウエスト・バージニアと共に、アメリカ海軍首脳(司令部や高官)には特別扱いされました。この「カリフォルニア」の艦容こそが、米海軍が理想とする完成された戦艦の姿となります。
a0149148_12185652.jpg
素で組み立ています。中々よい艦影で、特徴となる近代的な檣楼(艦橋)が印象的です。

a0149148_15172724.jpg
後部から臨む。軍艦は後ろ斜めから見る姿は美しいですが、本艦も美しいシルエットで魅了されます。

a0149148_15222240.jpg
a0149148_15224820.jpg
側面から見ると新型戦艦のサウス・ダゴタと良く似ていますが構造物の構造が違います。先に発売された改装ウエスト・バージニアとも別パーツ化しており、この「カリフォルニア」も新規パーツとなります。

a0149148_15325826.jpg
頂部にSK-1対空捜索レーダーが目立ちますが、その下は主砲用射撃レーダーMK8。この艦の特徴となる艦幅(34,7m)のバルジ部分を美しく再現。バルジの張り出しと艦首部にわたるテーパーラインが見ていて楽しいです。

a0149148_17252411.jpg
艦首のクリッパーバウやバルジの張り出しも見事。12,7mm連装両用砲の出来が良くない点が惜しまれます。

a0149148_17253921.jpg
艦尾は後部艦橋とマスト、12,7mm連装両用砲を管制するMk.12射撃指揮装置、カタパルトとクレーンとともに良い造形です。

a0149148_13362357.jpg
均等に取れた上部構造物と各種兵装配置。

◇塗装後
製品は大戦末期の1945年となりますので、旧式戦艦グループでは「メジャー21」と呼ばれるネービーブルーの単色迷彩となります。
a0149148_13492016.jpg
a0149148_13550633.jpg
a0149148_13552447.jpg
「メジャー21」により重厚感溢れる黒鉄を彷彿させます。これこそが戦艦らしく、小スペースながらよくまとまった兵装の配置は新型戦艦に勝る鉄壁なものです。今まで製品化に恵まれなかった製品ですので、ぜひともチャレンジして頂きたいキットです。





















[PR]
トラックバックURL : https://postatsugi.exblog.jp/tb/23502155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by posthobby_atsugi | 2016-12-26 16:02 | スケール | Trackback | Comments(0)