人気ブログランキング |

厚木ガーデンシティビル8階(イオンの上です)・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!


by posthobby_atsugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月の気になる車両7「EF10形・1次型」


「EF10形・1次型」鉄道省型電気機関車
a0149148_18454540.jpg

実車:
省型電気機関車は輸入サンプル機関車をもとに民間企業と鉄道省が共同で開発。基礎となる名機EF52形を1928年に完成。改良型の旅客用EF53形を1932年に登場させ国産化を進めます。
1934年の丹那トンネル開通に合わせ、6個電動機付の省型電気機関車を登場させます。これがEF10形(1次形・初期形)で、貨物用として1CC1の軸配置、主電動機はEF53形(MT17)と同一諸元のMT28を使用。出力があるので歯車比を1:4.15と大きくしています。機器を収める車体はEF53と同形態となりますが、先台車と連結機箱の関係はED16形と同様に突き出した形となり鈍重な感じが特徴です。後の増備機は車体の形状が丸から角型と変更され総勢41両が登場。戦前の電気機関車では最多勢力を誇り、戦前から戦後にかけて日本の大動脈(貨物・旅客)を半世紀に渡り支えます。

模型:
初回では「EF53・EF10」でまとめましたが今回は単体で魅力を紹介いたします。近年の中国製品は品質も上がり、天賞堂プラスチック製シリーズも良くなりました。設計と考証にも優れており細かい作り分けはプラ製品ならでは、この「EF10・1次形」は4タイプありますが、使いやすく、原形で美しい形態と「ぶどう色2号」を纏ったタイプ(52040)を見ていきます。

◆天賞堂
a0149148_18484574.jpg
ブラス製(真鍮製)とは違い高級仕様とまでは行きませんが、プラ成形技術も良くなり各部分に至る表現にプラ成形の威力を充分に発揮。床下面のパイピングなど見るところ満載で興味が尽きません。
a0149148_18490099.jpg

◆前面
この省型機関車の課題となる前面は見事に決めており満足いくものです。この1次型や「EF52・ED16・EF53」は共通しておりヒサシが出て3枚窓で中間扉が付きます。これらの大きさの対比のバランスが重要ですが天賞堂プラ製は上手に良い表情を演出します。
a0149148_19062791.jpg
▲1エンド側です。リベット表現や妻の折り方・ステップなど立体的に表現。ブラスには出来ません!
a0149148_19064506.jpg
▲2エンド側で、屋上左側に避雷器が付きます。アクセサリーで色々と金属パーツを多用していますが、分かりますか?
a0149148_19300429.jpg
▲パンタグラフを下げた状態。

◆側面
この省型機関車特徴として実車の車体は溶接ではなく補強帯とリベットで丁寧に組み立てられています。ここも天賞堂プラ製品は美しく再現。補強帯の段差と線が大切で、ブラス製品(真鍮)では前面と分割をどこでするのかが決め手となりますが、プラ成形ではご覧の通りリベットや補強帯の立体感と、ヒサシのラインも美しく見事。
a0149148_19291410.jpg
a0149148_19294446.jpg
▲パンタグラフを下げた状態。

◆屋上
1色塗りですので見た目は簡素に見えますが、やはり細かく再現しており抜け目がありません。無骨なパンタグラフが良く引き立っています。
a0149148_19315446.jpg
a0149148_19320524.jpg
a0149148_19342455.jpg
▲パンタグラフが少し残念ですが、立ち上がりと強度は抜群です。渡り板の彫刻も映えています。

a0149148_19334488.jpg
▲モニターも1つ1つリベットなどの表現や明かり窓も、接着剤のはみ出しも無く流石です。

◆台車・デッキ
旧型電気機関車のこだわりはやはり棒台枠台車で、メーカーによってディテールも異なります。まず何といっても強度が充分なため扱いやすく、何度もいいますがプラ成形の技術を駆使するとここまで再現が可能です。デッキの手すりやステップも繊細に表現。良い時代になりました。カプラーはマクヘンリーです。
a0149148_19445869.jpg
a0149148_19451223.jpg
a0149148_19551519.jpg
▲全6軸駆動となります。フライホイールとカンモーターをダイキャストブロックに収めジョイントを介して駆動。低速も良く効き牽引力も十分。

◆模型の趣
始めの「EF15・EF57」はあまり品質が悪くプラスチック製品はやはり玩具だと思われましたが、長い年月を経てクオリティーがあがりました。同時に価格も・・見て鑑賞して楽しむのも一興です。

a0149148_20051711.jpg
▲この上から見た際の面構え、ユーザーを満足させます。
a0149148_20054395.jpg
▲EF52・ED16を経てEF53へ、そしてEF10に車体を使用、完成度の高い前面です。連結器面がどうしても強く出てしまい間が抜けた感じに。

                            FIN

●天賞堂 52040 EF10形 ぶどう色2号(ATS無し) 税込¥48,600





































トラックバックURL : https://postatsugi.exblog.jp/tb/23777339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by posthobby_atsugi | 2017-04-07 20:23 | 鉄道模型 | Trackback | Comments(0)