人気ブログランキング |

厚木ガーデンシティビル8階(イオンの上です)・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!


by posthobby_atsugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019年 06月 06日 ( 1 )

表題の通り、先日行われた「フィニッシングコンテスト2019」の審査結果を発表します。
今回は合計46作品(ガンダム14、キャラ13、ミリタリ11、スケール8作品)の応募がありました。
ホビーショーなどの大型の展示会と重なるこの時期に沢山のご参加ありがとうございました。
総評として今回は各部門の出品数のバランスが良く、各部門接戦となりました。
個人的には、当店で唯一のガレージキット参加OKなコンテストなので、
レジンキットや珍しいキットがもっと多いと良かったかなと思いました。

では前置きはこれぐらいにして結果発表いきます!
(コメントは各部門担当によるものです。)

a0149148_14502774.jpg
a0149148_14505025.jpg
a0149148_14503958.jpg
ガンダム部門 金賞 「プロヴィデンスガンダム」 スーさん様 4pts
フィニッシュという観点から見て文句なしの完成度。某雑誌作例を多分に研究してるのが見て取れます。
行っている作業量も並大抵ではなく、マイナス点がほとんど見当たりませんでした。

a0149148_14505970.jpg
a0149148_17100981.jpg
a0149148_17100280.jpg
ガンダム部門 銀賞 「アイザック(地球連邦軍仕様)」 たけぞう様 3pts
シンプルなHGUCにここまでの情報量を盛り込んでいるのは流石の一言。
何も奇抜な色で塗らなくても個性は出せるという好例です。


a0149148_17101830.jpg
a0149148_17103318.jpg
a0149148_17102710.jpg
ガンダム部門 特別賞 「Zi-Oh」 アダー様 2pts
コトブキヤの激レアキットを正に当時の手法で製作されてます。このキットの楽しみ方としては間違いなく正解!フィニッシングはこういう作品がないとね。

a0149148_17104515.jpg
a0149148_17111666.jpg
a0149148_17105543.jpg
キャラクター部門 金賞 「侵攻」 Raptor様 4pts
写真では伝わりづらいですが1/72の小スケールの作品。その限られた中で多様な技法が用いられていたのが高評価。キットの個性を殺さずにしっかりと世界観を表現できていたのが良かったです。

a0149148_17112591.jpg
a0149148_17114359.jpg
a0149148_17113524.jpg
キャラクター部門 銀賞 「小枝さん」 きぐさん様 3pts
今回唯一の直球フィギュア。グラデーションが綺麗に決まっており、命とも言える顔部分も良く塗れてると思います。強いて言うならもう一つ、質感の違いや空気遠近が感じられると良かったかも。

a0149148_17115061.jpg
a0149148_17120054.jpg
a0149148_17120983.jpg
キャラクター部門 特別賞 「#18」 チュイッチィ様 2pts
バンダイのキットを敢えて固定ポーズで。改造は加点にならないのが惜しい所です。
特に衣服や靴部の質感表現が良かったです。髪の毛とメリハリを付けてるのもポイント。

a0149148_17122140.jpg
a0149148_17124311.jpg
a0149148_17123376.jpg
ミリタリー部門 金賞 「B1bis ドイツ軍仕様」 スーさん様 4pts
本体の迷彩塗装や湿地を走行した後の精緻な汚しが見事です。ペーストをランダムに混ぜることによって得られる土台のリアルな湿り具合が作品の雰囲気を向上させています。

a0149148_17131513.jpg
a0149148_17132623.jpg
a0149148_17133719.jpg
ミリタリー部門 銀賞 「フランス軍 UEトラクター」 たけぞう様 3pts
基本塗装の上手さもあるが、フィギュアや小物にも拘りを感じる。汚しは最小限ですませ、
尚且つ使用感を十分に引き出せている作品です。

a0149148_17135042.jpg
a0149148_17135706.jpg
a0149148_17140790.jpg
ミリタリー部門 特別賞 「100式重爆」 宗勲様 2pts
手間のかかる迷彩を境界線をうまくぼかし塗装している他、空気抵抗による摩擦消耗表現
(銀を使ったチッピング)が違和感なく行えていました。

a0149148_17142020.jpg
a0149148_17142734.jpg
a0149148_17143289.jpg
スケール部門 金賞 「トヨタ S800」 すーめだか様 4pts
発色、ツヤ、質感の使い分け、どれをとっても高水準に仕上がっている作品。窓枠もアルミテープを貼り付けてのディティールアップをなされています。クリアパーツを水研ぎしたことによってガラスにも輝きが出ています。

a0149148_17144077.jpg
a0149148_17144850.jpg
a0149148_17145946.jpg
スケール部門 銀賞 「Tyrrell P34」 オカモチ様 3pts
基本塗装はしっかり出来ており、デカールも自然に馴染ませ、コートの研ぎ出しも上手に行えています。
細部の塗装も丁寧に行われており、文句なしの出来です。

a0149148_17150808.jpg
a0149148_17151752.jpg
a0149148_17152704.jpg
スケール部門 特別賞 「1/35 YT5113A」 ゴロー様 2pts
研ぎ出しに力を入れており、部分による質感の違いを出しています。作業員も丁寧に塗装されており好印象。納車日のトラクターのような綺麗な状態が見られるのも模型ならではと感じました。



以上の様な結果となりました!
なお次回は通常通りのオールジャンルプラモデルのコンテストとなります。
ガンプラ部門のみGBWC(ガンプラビルダーズワールドカップ)プロショップ杯を併設。
専用サイトでの事前申し込みが必要です。
締め切りは8月中旬ごろを予定。
詳しくは追って告知します。
今の内から作り始めるが吉!
皆様の力作をお待ちしております!




by posthobby_atsugi | 2019-06-06 13:22 | コンテスト | Trackback | Comments(0)