厚木ガーデンシティビル8階(イオンの上です)・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!


by posthobby_atsugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

タグ:イベント ( 229 ) タグの人気記事

こんにちは ミニ四駆担当です
今回はほんの少しの記事になりますが...

さて待ちに待った4/15日のステーションチャレンジRound2ですが
大会ルール形式を少し変更させていただきます

オープンクラスの大会形式はダブルエリミネーション形式(敗者復活戦ありのトーナメント)と記載させていただいておりましたが
こちらを通常の勝ち抜きトーナメントに変更させていただきます
ご了承ください

一方、ジュニアクラスの大会形式は総当たり戦となります為、試合数が多くなります
ですので替えの電池をご用意いただけますと少し有利かもしれませんね

追記は以上となります
明日のミニ四駆 ステーションチャレンジRound2でお待ちしております

フリー走行やレース本番開始の時刻は以前の記事をご参考ください
それではミニ四駆担当でしたー

[PR]
by posthobby_atsugi | 2018-04-14 17:57 | ミニ四駆 | Trackback | Comments(0)

こんにちは ミニ四駆担当です
今回は4/15の大会用コースを公開いたします
ではでは...

a0149148_11594692.png














シンプルなコースとなりますがこのような形になります
レースに参加予定の皆様はご参考までに...

ではまた当日お待ちしています
ミニ四駆担当でしたー!

...レース開始時間等は前回の記事を見てね~!

[PR]
by posthobby_atsugi | 2018-04-02 12:03 | ミニ四駆 | Trackback | Comments(0)
お待たせしました!いよいよ2017年度ランキングバトルの結果を発表します!

ランキングってなんぞや?という方の為に、まずはランキングバトルの簡単な説明を・・・。
各ジャンル(ガンプラ、キャラプラ、スケール、ミリタリー)とも年に4回のコンテストを実施します。
全てのジャンルに金賞1名、銀賞1名、特別賞1名を選定。
それぞれ3pts、2pts、1ptsが付与されます。そして参加で+1ptsとなります。
その合計ポイントの順にランキングするわけです。(年度毎で集計)

それではでは結果発表!
※掲載は4pts以上の方、敬称略、同順位は順不同です。

1位 27pts 
・k.jojo

2位 24pts 
・アダー

3位 16pts 
・パイセン鈴木

4位 14pts
・森本章
・デカール 

6位 10pts
・よすけ

7位 8pts
・金銅鉄
・チュイッチィ

9位 6pts
・すーめだか
・宗勲
・Raptor

12位 5pts
・須賀野史哉
・kouya/reaperB
・セントーラス
・チェザーレ
・いきりん
・矢野真央

18位 4pts
・ゾンビくん
・sugi
・田中俊裕
・t-b
・下田賢作
・Ver.Wa
・A,K
・三上明人
・池谷仁彦
・キリオ
・Dola

ということで2017年度優勝はk.jojo様に決定しました!
2015年度、2016年度王者のアダー様は惜しくも3連覇ならず。
しかしポイントでみるとアダー様は去年より1pts高く、
ランキングバトルが更に熾烈になっている証と言えるでしょう!

12位(5pts)までの方には賞品をご用意させていただきました。
入賞された皆様、おめでとうございます!

次回から2018年度コンテスト。ポイントはリセットされて、同一ラインからのスタートとなります。
ちなみに年度計4回4部門のコンテストなので入賞無しでも全て参加すれば16pts。
今年度では3位になっている計算です。
このチャンスにランキング上位を狙ってみてはいかがでしょうか?

さて次回の春のコンテストはいつもと違う審査形式、
名付けて「フィニッシュワークコンテスト」となります。
これは工作面を評価に入れず、仕上げ面のみを審査の対象とするコンテスト。
そして大きな特徴はガレージキット(レジン、ソフビなど)での参加も可能という点です。
詳細は近日公開。今のうちに何を作るか決めておこう!


※それ以降のコンテストは従来通り行います。
年間コンテスト計画
・春 フィニッシュワークコンテスト
・夏 オールジャンル(ガンプラ部門はGBWC兼)
・秋 テーマコンテスト
・冬 オールジャンル
今年度はもしかしたらゲリラ的なコンテストもあるかも・・・?
不明な点はお気軽に担当までお尋ね下さい。



[PR]
by posthobby_atsugi | 2018-03-19 11:38 | コンテスト | Trackback | Comments(0)
お待たせしました!
先日当店にて行われたプラコン2018inWINTERの審査結果を発表します。
今回の出品数はガンプラ部門23点、キャラ部門16点、スケール部門5点、ミリタリー部門13点、合計で57作品でした。
特に最終日の持ち込みが多く一気に20作品くらい増えました。
最後まで頑張って頂き、ありがとうございました!

今年度最後のコンテストらしく審査は難航。
しかしそこはコンテストなので心苦しくも優劣を付けさせて頂きました。
それでは前置きはこの辺にして結果発表いってみよー。
なおコメントはガンプラ、キャラプラが(大)、スケール、ミリタリーが(池)となっております。

a0149148_16585911.jpg
a0149148_16591165.jpg
ガンプラ部門 金賞「PMX-003」デカール様 4pts 
ハードなディティールが旧ゼータキットシリーズのボックスアート調で、ジオというキャラクターにマッチしてると思います。
配色やマーキングも適切で個性を出しつつバランス良くまとめられてました。

a0149148_17063713.jpg
ガンプラ部門 銀賞「MSN-02」パイセン鈴木様 3pts
今回の金、銀は僅差でした。見方によっては逆だと感じる方もいるでしょう。
こちらもディティーリングが中心ですが、それぞれに意味を考えているのが窺えます。
HGを用いたプロポーションもハマっていて、まとまりの良さが高評価でした。

a0149148_17132861.jpg
ガンプラ部門 特別賞「ボール=デスペラード」矢野真央様 2pts
ボールをベースにAGEの人気機体を作るというアイディアが秀逸な作品。
誰が見てもやりたいことが分かるという、ネタの分かりやすさもポイントでした。


a0149148_17175869.jpg
a0149148_17183257.jpg
キャラクター部門 金賞「RED SHOULDER」パイセン鈴木様 4pts
圧倒的な迫力の作品で、ウェザリング技術は並みのミリタリーモデラー顔負けのフィニッシュ。
2機の仕上がりを意識してディスプレイされているのも素晴らしい!

a0149148_17240335.jpg
キャラクター部門 銀賞「サンシャインEフィードバック」マサ様 3pts
綺麗にそつなく仕上げられてるのが好印象な作品。このシリーズを作ったことのある人ならば、それがいかに大変か分かることでしょう。
頭部レンズがLEDで光るらしいですがスイッチが見つからず、その状態を見れなかったのが残念。

a0149148_17281160.jpg
キャラクター部門 特別賞「初音ミク」ver.Wa様 2pts
フィギュアライズバストにプライズ品の下半身を加工して移植した力作。プラモデルがベースなので規定OKです。
違和感のない自然なポージングが素晴らしく、抜群の流用センスでした。

a0149148_17351435.jpg
a0149148_17352138.jpg
スケール部門 金賞 「シトロエン タイプH」k.jojo様 4pts
綺麗に発色してるのはもちろん、難所である凹面のデカール処理も見事です。

a0149148_17450707.jpg
スケール部門 銀賞 「Ferrari California」金銅鉄様 3pts
ボンネット内部エンジンなどの塗装も丁寧で、ホイール周りの違和感のない塗り分けも良く仕上げています。

a0149148_17483878.jpg
スケール部門 特別賞 「姫路城」sugi様 2pts
石垣の彫り直しも見事ながら、木々や地面等のジオラマが全体的な雰囲気を醸し出しています。

a0149148_18282981.jpg
a0149148_18283620.jpg
ミリタリー部門 金賞 「Ⅳ号戦車H型」森本章様 4pts
影の付け方、汚し方、どれも良く考えて加えられているのが理解でき、高水準な作品。
シュルツェンの加工にも力が入っている傑作品です。

a0149148_17515831.jpg
ミリタリー部門 銀賞 「プラウダ包囲網」Dola様 3pts
至る所に見られる綺麗な汚し方が特徴。細部の小物一つ一つにも拘りを感じる作品。

a0149148_17520935.jpg
ミリタリー部門 特別賞 「74式戦車」たーさん 2pts
ディティールが細かく、資料を良く考察してるのが分かる作品。ジェリ缶等の小物にも注目です。


・・・・ということでいかがだったでしょうか。
参加してくださった皆様、お疲れ様でした!
なお次回コンテストはゴールデンウィーク締め切りくらいの予定です。
詳細は追って告知しますのでよろしくお願いします。

そして今年度ランキングバトル王者も近日発表!お見逃しなく!





[PR]
by posthobby_atsugi | 2018-03-02 18:42 | コンテスト | Trackback | Comments(0)
んばんは ミニ四駆担当です
今回は4月15日(日)開催予定の「ミニ四駆ステーションチャレンジ2018-Round2-」について説明させていただきます!

大会概要といたしましては...

■4/15()ミニ四駆ステーションチャレンジ2018ROUND2

□会場/イオン8F会議室

スケジュール

1230~ フリー走行 ※ジュニアクラス参加者のみフリー走行可

1330 ジュニアクラス レース開始

1500~ オープンクラス開場 ※オープンクラス参加者のみフリー走行可

1600~ オープンクラス レース開始

1800 終了


□景品/

各クラス優勝:「ステーションチャンピオン決定戦出場権」

各クラス優勝:「?」「?」

参加賞:「?

□レギュレーション/

・ジュニアクラス(12) ※小学4年生から中学3年生以下

※ダブルエリミネーション方式(https://ja.wikipedia.org/wiki/)

トーナメントの開始時、すべての選手は勝者枠に配置されている。勝者枠での試合に勝利した選手は同じ勝者枠に残った選手同士で次の試合を行い、試合に敗北した選手は敗者枠に配置され、敗者枠の選手同士で次の試合を行う。その敗者枠で敗北した選手はトーナメントから除外される。最終的には勝者枠と敗者枠にそれぞれ残った1人の選手が試合を行うことになるが、このとき、勝者枠の選手は1回勝利すればよいのに対し、敗者枠の選手は2回勝利する必要がある。


・オープンクラス(24) ※高校生以上

※トーナメント制(少人数の場合のみ総当たり制)

ジュニアクラスと同じダブルエリミネーション方式で行う。

・マシンカスタマイズ/セッティング

タミヤ公式準拠

・車検

実際にレースで使うマシンに対し、走行直前に行う。

□その他注意事項/

施設内コンセントでの充電器の使用を禁止。ただしレース中の電池交換は可能。

スプレー類の使用を禁止。

マシンについて、キャッチの際に手に触れる部分に、ビスの先端などの尖ったものが保護されていないものは車検を通れない


最後に大会の受付方法になります!
大会エントリー期限は
3/1(木)から4月13日(金)15時までと致します。

受付方法に関しましては当店へのお電話及び店頭での受付となります為、ご注意を!
その他の大会情報(コース情報等)は追って記事にしますのでチェックよろしくお願いいたします!

[PR]
by posthobby_atsugi | 2018-02-28 19:05 | ミニ四駆 | Trackback | Comments(0)

■10/22()ミニ四駆ステーションチャレンジ2017ROUND4

□会場/イオン8F会議室

スケジュール

1230~ フリー走行 ※ジュニアクラス参加者のみフリー走行可

1330 ジュニアクラス レース開始

1500~ オープンクラス開場 ※オープンクラス参加者のみフリー走行可

1600~ オープンクラス レース開始

1800 終了


□景品/

各クラス優勝:「ステーションチャンピオン決定戦出場権」

各クラス優勝:「サンダーショットボディ(クリアパープル)」「スーパーXXシャーシ(パープル)」

参加賞:「蛍光ホイール

□レギュレーション/

・ジュニアクラス(12) ※小学4年生から中学3年生以下

※ダブルエリミネーション方式(https://ja.wikipedia.org/wiki/)

トーナメントの開始時、すべての選手は勝者枠に配置されている。勝者枠での試合に勝利した選手は同じ勝者枠に残った選手同士で次の試合を行い、試合に敗北した選手は敗者枠に配置され、敗者枠の選手同士で次の試合を行う。その敗者枠で敗北した選手はトーナメントから除外される。最終的には勝者枠と敗者枠にそれぞれ残った1人の選手が試合を行うことになるが、このとき、勝者枠の選手は1回勝利すればよいのに対し、敗者枠の選手は2回勝利する必要がある。


・オープンクラス(24) ※高校生以上

※トーナメント制(少人数の場合のみ総当たり制)

ジュニアクラスと同じダブルエリミネーション方式で行う。

・マシンカスタマイズ/セッティング

タミヤ公式準拠

・車検

実際にレースで使うマシンに対し、走行直前に行う。

□その他注意事項/

施設内での充電器の使用を禁止。ただしレース中の電池交換は可能。

スプレー類の使用を禁止。

マシンについて、キャッチの際に手に触れる部分に、ビスの先端などの尖ったものが保護されていないものは車検を通れない


となっておりますのでご確認のほどよろしくお願いします


[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-10-21 13:46 | ミニ四駆 | Trackback | Comments(0)

お久しぶりです ミニ四駆担当です
以前からTwitterの方で予定しておりました走行会は9/24(日)つまり明日に開催いたします!
ご参加お待ちしております!

時間は13:00~18:00を目安に考えております~!
今回のコースは緩めで考えてますのでご安心を!

続きまして10月22日(日)に開催する「ミニ四駆ステーションチャレンジ 2017・ROUND4」に関しての告知です
告知と言いましてもコースはまだ練っているので今回は載せれませんが...

肝心の大会予約ですが9/25(月)から10月21日(土)15時までと致します。

受付方法に関しましては当店へのお電話及び店頭での受付となります為、ご注意を!
その他の大会情報は追って記事にしますのでチェックよろしくお願いいたします!

では短いですが今回の記事はここまでと致します!走行会きてねー!



[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-09-23 14:55 | ミニ四駆 | Trackback | Comments(0)
当店恒例となる秋のコンテストの季節がやって参りました。
秋のコンテストはテーマ限定のコンテストとなります。
テーマコンテストは並べた際の面白さや、他者の作品との対比が魅力。
皆様、奮ってご参加下さい。
以下概要です。

日程
募集期間 11/11(土)~11/19(日)19:00まで。
展示期間 11/20(月)~12/1(金)
審査結果 11/25(土)
返却期間 12/2(土)~12/17(日)

各部門テーマ
・ガンプラ部門~HGジム系列のキットが対象。ネモ、ジェガンなど類似不可。HGジムの使用が70%以上でもジム以外のMSになった場合には対象外です。例、ガンダムヘイズル予備機、陸戦型ガンダム(ジム頭)など。
・キャラクター部門~コトブキヤ製メガミデバイスシリーズが対象。(フレームアームズガール不可)
・スケール部門~アメリカ車のプラモデルが対象。(デロリアン、ナイトライダーなども可)
・ミリタリー部門~WWⅡ(第二次世界大戦)の自走砲、突撃砲、駆逐戦車が対象。スケールは問わず。ガルパンなどのキャラクターを添えたり、乗せるのはOKですが評価の対象にはなりません。

レギュレーション
・テーマキットがベースとなっていること。厳密に規定はしませんが70%くらいが目安です。
・作品は未公開に限ります。
・お一人様、一部門につき一作品の応募が可能です。製作者ご本人が持ち込みして下さい。
・作品サイズは30×30×30cmまでです。それ以上は事前にご相談下さい。
・二足の作品は台座に必ず固定して下さい。

以下に該当する作品は応募をお断りいたします。(重要)
・極端に強度の低い作品。
・二足で台座に固定されていない作品。
・公序良俗に反する作品。
・当店で設定した日程、期間を守れない作品。

その他、不明な点はお気軽に店員までどうぞ。
a0149148_14255861.jpg
a0149148_14264343.jpg
※ガンプラ部門に関してのお問合せをまとめてみましたので参考にしてください。(9/3更新)
・HGUCブルーディスティニー1号機EXAM→ゲーム版は陸戦ジムベースの為、可。漫画版は陸戦ガンダムベースの為、不可。
・サイコジム→プレミアムバンダイの発送が12月で間に合いません。頭部をスクラッチしてそのものを作るのは可。
・ヌーベルジムⅢ→HGUCベースなら両腕がMK-Ⅱでもセーフ。
・ヘイズル系列→正式名称にガンダムが付くのでガンダムタイプと見なし不可。
・インパルスジム→インパルスジムそのものを作るなら可。ノーザンポッドを使っただけでは不可。
・ジムスナイパーカスタム→HGジムの使用率が70%ならば旧キットとのミキシングも可。
・ジム頭→陸戦型ガンダムベースなのでガンダムタイプ。不可。
・ペイルライダー→陸戦、空間戦ともに不可。ジムの派生と明確な表記が無い為。
・ジム(サンダーボルト)→可。
・陸戦ガンダムS型(サンダーボルト)→不可。


[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-08-28 14:41 | コンテスト | Trackback | Comments(0)
本日2度目の登場となるガンダム担当Oです。
表題のとおり、先日行われたガンダムビルダーズワールドカップ予選を兼ねた夏のコンテストの結果発表を行います。
今回の出品数はガンプラ部門10作品、キャラクター部門10作品、ミリタリー部門11作品、スケール部門3作品、合計34作品の応募でした。前回と比べると半数程というやや寂しい出品数となりました。
お客様には夏バテのようなモチベが上がらない状態という話を良く聞きました。まあ確かに当店コンテストは1年に4回。つまり3か月に一回なわけですからそりゃ毎回は大変だよなあと思う次第。
無理をせず自分ペースで楽しんで頂ければということですね。

さて、前置きはこの辺にして審査結果発表いってみよー!(コメントはガンプラ、キャラプラが私。ミリタリー、スケールが(池)になります。)

a0149148_18462175.jpg
ガンプラ部門金賞「MS-14C」パイセン鈴木様 4pts
地上戦をイメージしたミリタリーテイスト溢れる作品ですが、ガンダムの世界観を考えた振り幅が絶妙です。塗装も地味にならないように差し色や金属色を配して工夫されてますね。
a0149148_18495397.jpg
ガンプラ部門銀賞「MGザクキャノン」デカール様 3pts
過密なディティーリングとカラーリングが魅力的な作品。地味になりがちなデザートカラーに明るい配色を選択してコンテスト映えを狙っているのも良く考えられています。
a0149148_18560122.jpg
ガンプラ部門特別賞「メカニックザク2017~ホワイトオーガー~」アダー様 2pts
メカニックモデルという昔のキットとホワイトオーガーという最近のモチーフを見事に融合させた作品。技法的にもAFV調のディティール追加や塗装、電飾など見どころが多かったです。
a0149148_19031853.jpg
キャラクター部門金賞「見つかるなよ!ロディ!(バーツ 小声で叫ぶ)」アダー様 4pts
MGのフレームを旧キットに仕込んだ本体と小物を配したディスプレイのバランスが高評価。仕上げもツヤのコントロールや複数のウェザリング技法を選択していることで効果的に表現されてます。
a0149148_19052134.jpg
キャラクター部門銀賞「深淵からの帰還」チュイッチィ様 3pts
モチーフも珍しいですが、縦のディオラマで宇宙空間を表現するという見せ方も巧いです。上と下のクラブの汚れ方の対比が面白く、一目見て伝わってくるドラマ性が素晴らしい!
a0149148_19133126.jpg
キャラクター部門特別賞「白雷(びゃくらい)」Raptor様 2pts
細部の配色やデカールなど随所に工夫が見られます。ビネット風ベースも作品を引き立てるのに一役買っていると思います。強いて言えば白が垂れてしまっているのが惜しい!
a0149148_19212253.jpg
スケール部門金賞「NZ6 86」k.jojo様 4pts
派手なカラーリングやマークで意匠を凝らした作品。台座もモダン的でパール塗装に合っています。
a0149148_19224294.jpg
スケール部門銀賞「小四駆D~ミニシャルD~1巻」アダー様 3pts
ミニ四駆のシャーシやパーツを利用し、限りなく実車型に近づけた面白い試みがある作品です。
a0149148_19245123.jpg
スケール部門特別賞「夢想封印86」ゾンビ君様 2pts
シルビアの4気筒ターボエンジン仕様という設定となっておりエンジンやマフラー周りにも拘りが見られる作品。
a0149148_19281047.jpg
ミリタリー部門金賞「M3リー」森本章様 4pts
複雑な足回りも丁寧に塗装しており、デカールも違和感ない、そつがない作品。
a0149148_19290567.jpg
ミリタリー部門銀賞「Reggiane Re2000」よすけ様 3pts
丁寧な迷彩塗装と適度な使用感が見られ、奥まった箇所にも力が入れられている見事な作品です。
a0149148_19311211.jpg
ミリタリー部門特別賞「炸裂!クロスカウンター」Y.Shimizu様 2pts
ミニチュアキット特有の物語性を生かした動きがある面白い作品です。戦下ならではの娯楽を感じさせます。


以上のような結果となりました!
なおガンプラ部門金賞のパイセン鈴木様はGBWC2017プロショップ杯当店代表として2次審査進出です。
おめでとうございます!
そして参加してくれた皆様、お疲れ様でした!

次回は年に一回のお楽しみ、秋のテーマコンテストです。
・ガンプラ部門HGジム系列
・キャラクター部門メガミデバイス
・スケール部門アメリカ車
・ミリタリー部門第二次世界大戦時の自走砲、突撃砲、駆逐戦車
となります。

締め切りは11月下旬くらいになりそうです。
詳細は追って告知します。
今から仕込んでおこう!
ではでは―。

[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-08-16 19:40 | コンテスト | Trackback | Comments(0)
こちらの記事では

ミニ四駆ステーションチャレンジ2017-Round3- ポストホビー杯

の概要やスケジュールについて書いていきます


8/20()ミニ四駆ステーションチャレンジ2017ROUND3

□会場/イオン8F会議室

スケジュール

1230~ フリー走行 ※ジュニアクラス参加者のみフリー走行可

1330 ジュニアクラス レース開始

1500~ オープンクラス開場 ※オープンクラス参加者のみフリー走行可

1600~ オープンクラス レース開始

1800 終了


□景品/

各クラス優勝:「ステーションチャンピオン決定戦出場権」

各クラス優勝:「未定」「未定」

参加賞:「未定」

□レギュレーション/

・ジュニアクラス(12) ※小学4年生から中学3年生以下

※ダブルエリミネーション方式(https://ja.wikipedia.org/wiki/)

トーナメントの開始時、すべての選手は勝者枠に配置されている。勝者枠での試合に勝利した選手は同じ勝者枠に残った選手同士で次の試合を行い、試合に敗北した選手は敗者枠に配置され、敗者枠の選手同士で次の試合を行う。その敗者枠で敗北した選手はトーナメントから除外される。最終的には勝者枠と敗者枠にそれぞれ残った1人の選手が試合を行うことになるが、このとき、勝者枠の選手は1回勝利すればよいのに対し、敗者枠の選手は2回勝利する必要がある。


・オープンクラス(24) ※高校生以上

※トーナメント制(少人数の場合のみ総当たり制)

ジュニアクラスと同じダブルエリミネーション方式で行う。

・マシンカスタマイズ/セッティング

タミヤ公式準拠

・車検

実際にレースで使うマシンに対し、走行直前に行う。

□その他注意事項/

施設内での充電器の使用を禁止。ただしレース中の電池交換は可能。

スプレー類の使用を禁止。

マシンについて、キャッチの際に手に触れる部分に、ビスの先端などの尖ったものが保護されていないものは車検を通れない


となっておりますのでご確認のほどよろしくお願いします。


[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-07-19 18:42 | ミニ四駆 | Trackback | Comments(0)