厚木ガーデンシティビル8階(イオンの上です)・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!


by posthobby_atsugi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:コンテスト ( 36 ) タグの人気記事

表題の通り、先日当店にて行われた夏のプラモデルコンテスト「プラコン2018inSUMMER」
の審査結果を発表いたします。
今回はガンプラ部門19作品、キャラ部門13作品、スケール部門6作品、ミリタリ部門9作品、
合計47作品の出品がありました。
暑さに負けない沢山のご参加ありがとうございました!
では結果発表です!
なおコメントはガンプラ、キャラが担当(大)。スケール、ミリタリが担当(池)となります。

a0149148_17115240.jpg
a0149148_17120297.jpg
a0149148_17121323.jpg
ガンプラ部門 金賞 「ZⅡ」 たけぞう様 4pts
パーツの裏側や関節のディティーリング、エッジの削り込みなどハイレベル。
それでいて粗い部分が無いという文句無しのクオリティでした。
彩色、マーキングも堅実な仕上がりです。

a0149148_17235094.jpg
a0149148_17240930.jpg
a0149148_17241862.jpg
ガンプラ部門 銀賞 「HAMMA HAMMA」 ざくさん様 3pts
ローゼンズール風のカラーに目がいきがちですが、グレーなど細部も綺麗に塗り分けられていました。
各部のメタリックによるアクセントやマーキング配置も最大公約数的な所を突けてると思います。

a0149148_17375271.jpg
a0149148_17380124.jpg
a0149148_17380922.jpg
ガンプラ部門 特別賞 「ジオン スノボ部」 よすけ様 2pts
スノボというネタに雪上のベース、ドット迷彩のボード、往年の仕上げのドム、
とたくさんの見どころを仕込んでいるのが高評価でした。見せ方も上手い!

a0149148_17445908.jpg
a0149148_17450871.jpg
a0149148_17451780.jpg
キャラクター部門 金賞 「ウォーカーギャリア」 パイセン鈴木様 4pts
ギャリアというアニメカラーのモチーフを上手くミリタリーテイストに消化しています。
各部のディティールや汚し方には説得力があります。色味のコントロールも秀逸。

a0149148_17560577.jpg
a0149148_17563066.jpg
a0149148_17564067.jpg
キャラクター部門 銀賞 「ブロックヘッド(Xネブラ対応型)」 たけぞう様 3pts
こちらも金賞作品同様の作風で、汚しが見事にマッチングしています。
各部に施された傷やかすれたマーキングも「らしく」仕上がっていて高ポイントでした。

a0149148_18014564.jpg
a0149148_18015832.jpg
a0149148_18020781.jpg
キャラクター部門 特別賞 「ワスピーガ(昆虫種メガララ・ガルーダ型」 Raptor様 2pts
パテ、プラ板などの加工が初めてとのことですが、やりたいことがハッキリと分かるように
形に出来てると思います。発想と表現力が際立っていた作品。

a0149148_17272997.jpg
a0149148_17271635.jpg
a0149148_17272356.jpg
スケール部門 金賞 「1941 PLYMOUTO CUSTOM」 k.jojo様 4pts
前面から後輪のリヤホイールスカート(スパッツ)までディティールを追加されており、
塗装やファイアパターンまで、1940年代の車を現代風に上手く意匠替えされています。

a0149148_17311100.jpg
a0149148_17311996.jpg
a0149148_17312695.jpg
スケール部門 銀賞 「なつかしいトライアル!!」 小池伸治様 3pts
ボディやシート、むき出しの金属部分が質感がハッキリとしており、更にエンジン部分の汚れ表現も
綺麗にまとまっています。

a0149148_17350711.jpg
a0149148_17351548.jpg
a0149148_17352244.jpg
スケール部門 特別賞 「Kawasaki ZX-10R エヴァンゲリオンRT 初号機 TRICK・STAR」 金銅鉄様 2pts
ZX-10の数多いデカール作業も難なくこなしており、チェーンなどの塗り分けもきちんとなされています。

a0149148_17391294.jpg
a0149148_17392092.jpg
a0149148_17392725.jpg
ミリタリー部門 金賞 「浅い夢」 いきりん様 4pts
サイズが限られたベース上に細かな情報を敷き詰めた、ヴィネット形式。小物一つ一つまで丁寧に
作り込まれており、どの角度から見ても素晴らしいと言えます。

a0149148_17422002.jpg
a0149148_17422747.jpg
a0149148_17423577.jpg
ミリタリー部門 銀賞 「M4A3(105)戦車」 森本章様 3pts
デカールから塗装の明暗の付け方まで、全てが一流のお手本のような作品。
資料をよく研究して作られているのが分かる作品ですね。

a0149148_17454881.jpg
a0149148_17455574.jpg
a0149148_17460120.jpg
ミリタリー部門 特別賞 「1/700 BOSTON」kouya様 2pts
潜水艦だけあって海面表現にこだわりを感じます。波の立ち方や艦表面の海水の沈み具合まで
丁寧に表現されています。

・・・ということでいかがだったでしょうか。
そして次回は皆さんお楽しみのテーマコンテストです!
各部門のテーマは以下の通り。
・ガンプラ部門~RGサザビー(RGサザビーを80%以上使用)
・キャラクター部門~HGマジンガーZ INFINITY(HGマジンガーZ INFINITYver.もしくはHGグレートマジンガーINFINITYver.を70%以上使用)
・スケール部門~働く車(乗用車、レースカー以外。仕事に使われる車なら何でもOK。例、ナイト財団トレーラー、ボンドカーもOK)
・ミリタリー部門~15cm×15cm×15cmに収まるジオラマ、ヴィネット。(砲身などのはみ出しは不可)

詳細は追って告知しますが、11月中旬頃、締め切りになりそうです。
ご質問は各部門担当までお願いいたします。
今の内から作り進めておくが吉!
よろしくお願いしまーす!!




[PR]
by posthobby_atsugi | 2018-09-03 18:01 | コンテスト | Trackback | Comments(0)
表題のとおり、先日当店にて行われた「フィニッシングコンテスト2018」の審査結果を発表します。
ガレージキット可で仕上げのみ評価という当店では初の試みでしたが、
お客様には前向きに受け取って頂けて嬉しい限りでした。
そして審査においてはそれが明暗の分かれ目となり、
従来のコンテストと違った結果となったのが興味深かったです。
ちなみに今回の出品数はガンダム部門20作品、キャラクタ部門14作品、ミリタリ部門9作品、スケール部門5作品、
合計48作品でした。
静岡ホビーショーの合同展示会、地元サークルの展示会と時期が重なった為か、普段よりは少なかったですが
それでも50作品近い出品。たくさんのご参加ありがとうございました!
では前置きはこの辺にして結果発表いきます!
※コメントはガンダム・キャラクタが(大)、ミリタリ・スケールは(池)となります。

a0149148_14410519.jpg
a0149148_14411727.jpg
a0149148_14412497.jpg
ガンダム部門 金賞 「MS-06F」 パイセン鈴木様 4pts
パネル毎の塗り分け、差し色、グラデーション、チッピング、ドライブラシ、マーキングという
「仕上げ」を意識しつつ、どれも「しただけ」ではなく高いレベルで仕上がってるのが高ポイントでした。

a0149148_15010972.jpg
a0149148_15012005.jpg
a0149148_15012938.jpg
ガンダム部門 銀賞 「クロスボーンガンダム魔王」 菱星様 3pts
メタリック塗装とメタルシールを用いた、反射を意識した仕上げが高評価。
骸骨の部分をツヤ消しにして質感を変えていたりと、細かな部分の気配りも良かったです。

a0149148_15073432.jpg
a0149148_15074533.jpg
a0149148_15075314.jpg
ガンダム部門 特別賞 「クロスボーンガンダムX-1」 kyuu様 2pts
クリア外装を使ったアプローチで透けて見えるシルバーの表現が良かったです。
淡いグラデーションとスミイレでまとめられた本体も珍しい作風でした。

a0149148_15192448.jpg
a0149148_15194023.jpg
a0149148_15195268.jpg
キャラクター部門 金賞 「屋久島」 パイセン鈴木様 4pts
かなり昔のレジンキットですが多彩な技法により、古さを感じさせない仕上がりは見事。
特に爪やコンバーターの飴色は材質を感じさせる生々しさがあります。ダブル金賞も頷ける完成度の高さでした。

a0149148_15303297.jpg
a0149148_15312234.jpg
a0149148_15313290.jpg
キャラクター部門 銀賞 「テレスドン」 チェザーレ様 3pts
今コンテスト唯一の怪獣枠でソフビキット。単調になりがちな表皮を的確なグラデーションにより、
着ぐるみのような質感としてるのが高ポイント。口内の表現もらしくて良いですね。
a0149148_15393470.jpg
a0149148_15395848.jpg
a0149148_15400705.jpg
キャラクター部門 特別賞 「ヘンリエッタ」 すーめだか様 2pts
こちらもレジンキットでの入賞。ご本人が意識したという肌の静脈の塗装が面白い仕上がり。
グラデーションはやや地味めですが、キャラクター性を考えると良い塩梅だと思います。

a0149148_17255773.jpg
a0149148_17260706.jpg
a0149148_17261519.jpg
スケール部門 金賞 「LB-WORKS GTR」 k.jojo様 4pts
メインカラーをマジョーラカラーで塗装。全面に程良い偏光を見せています。
デカールの厚みもなく表面処理も素晴らしいです。

a0149148_17295976.jpg
a0149148_17301039.jpg
a0149148_17301972.jpg
スケール部門 銀賞 「Golden Age of Air Race」 よすけ様 3pts
飛行機の光沢やエンジンカウル内のバイピングが秀逸。
正面から覗く配管部分の精密さにも注目しました。

a0149148_17360987.jpg
a0149148_17362272.jpg
a0149148_17363128.jpg
スケール部門 特別賞 「ドリーム50」 キャベツ太郎@わさび味様 2pts
銀色部分にはアルミ箔を使用し、上手くキットに馴染ませています。
使用感ある本物らしい雰囲気が上手く出ています。

a0149148_17391623.jpg
a0149148_17392987.jpg
a0149148_17393748.jpg
ミリタリー部門 金賞 「パイレーツピストル ブランダーバス」 木村寛様 4pts
海賊が所持していたラッパ銃を塗装で重厚に再現。
ストック部分が本物の木材と見間違えるほどリアルに表現されています。

a0149148_17425182.jpg
a0149148_17430092.jpg
a0149148_17431006.jpg
ミリタリー部門 銀賞 「マチルダ歩兵戦車withトラネコンスキー隊」 田中俊裕様 3pts
影の付け方が上手く、車体をどこから鑑賞しても絵になる作品となっています。
汚し過ぎず、そのまま博物館にあるような錆びれ具合が目を惹きます。
a0149148_17555959.jpg
a0149148_17561104.jpg
a0149148_17561986.jpg
ミリタリー部門 特別賞 「M3リー後期型」 森本章様 2pts
そつがなく戦車模型のお手本といえる作品。
使用箇所が多く、汚れる箇所をよく研究して剥がれ表現を行っているのが伝わります。


・・・ということでいかがだったでしょうか?
参加してくれた皆様、お疲れ様でした!
なお次回コンテストは7月中旬頃の締め切りを予定。
ガンプラ部門のみGBWC予選兼でその他部門は通常どおりとなる予定です。
※ガレージキットは今回(フィニッシング)のみなので次回からはプラモデルオンリーです。
近日詳細を告知しますのでよろしくお願いします!
ではではー。



[PR]
by posthobby_atsugi | 2018-06-02 18:09 | Trackback | Comments(0)
表題の通り、当店にて初となる「仕上げ」に特化したコンテストを開催いたします。
また2018年度ランキングバトルの対象となる春のコンテストでもあります。
皆さま奮ってご参加下さい。

概要
フィニンシングコンテストとは模型の仕上げ工程(表面処理、塗装、マーキング、スミイレ、汚し、質感など)を審査の対象とするコンテスト。工作面(流用、改修、改造、ディティールアップ、スジボリなど)は評価に含まれません。プラモデルの他にガレージキット(レジン、ソフビ、ホワイトメタルなど)での応募が可能です。
※重要
ガレージキットで参加の場合は使用キットのメーカー(ディーラー名、もしくは原型師名)が判明していることが条件です。海賊キットでの応募はできません。

日程
・応募期間 5/12(土)~5/20(日)19:00まで。
・展示期間 5/21(月)~6/1(金)
・結果発表 5/26(土)
・返却期間 6/2(土)~6/17(日)

部門
・ガンダム部門~ガンダム作品に登場するメカ、キャラクターが対象。
・キャラクター部門~ガンダム作品以外の架空のメカ、キャラクターが対象。
・スケール部門~車、飛行機、城など実在する乗り物、オブジェが対象。
・ミリタリー部門~戦車、戦闘機、艦船など実在する兵器が対象。
※アルペジオ、ガールズパンツァーなどのグレーラインは製作者ご本人で部門を選択して下さい。

レギュレーション
・お一人で一部門、一作品まで出品可能です。同部門に二作品以上は出品できません。
・応募は製作者本人に限ります。代理による出品はできません。
・二足のキットは全て台座に固定が必要です。台座無しの作品は出品をお断り致します。
・著しく壊れやすい作品(ポロリ含む)は出品をお断り致します。
・作品サイズは30×30×30cmまでです。それ以上の作品は事前にご相談下さい。
・作品は未公開に限ります。ブログなどでの製作途中公開はOKとします。
・期間内の展示が無理な方は賞を剥奪、ランキングポイントも無効となります。
・その他、当店にて常識を逸脱していると判断した作品は出品をお断り致します。

ランキングバトル
・ランキングポイントは参加1pts、特別賞1pts、銀賞2pts、金賞3ptsとなります。
・ランキングバトルのポイントは全部門で共通の扱いです。
・全塗装を施していない作品は参加1ptsが付与されません。

※その他不明な点はお気軽にスタッフまでお問合せ下さい。
a0149148_16510935.jpg



[PR]
by posthobby_atsugi | 2018-03-25 16:56 | コンテスト | Trackback | Comments(2)
お待たせしました!いよいよ2017年度ランキングバトルの結果を発表します!

ランキングってなんぞや?という方の為に、まずはランキングバトルの簡単な説明を・・・。
各ジャンル(ガンプラ、キャラプラ、スケール、ミリタリー)とも年に4回のコンテストを実施します。
全てのジャンルに金賞1名、銀賞1名、特別賞1名を選定。
それぞれ3pts、2pts、1ptsが付与されます。そして参加で+1ptsとなります。
その合計ポイントの順にランキングするわけです。(年度毎で集計)

それではでは結果発表!
※掲載は4pts以上の方、敬称略、同順位は順不同です。

1位 27pts 
・k.jojo

2位 24pts 
・アダー

3位 16pts 
・パイセン鈴木

4位 14pts
・森本章
・デカール 

6位 10pts
・よすけ

7位 8pts
・金銅鉄
・チュイッチィ

9位 6pts
・すーめだか
・宗勲
・Raptor

12位 5pts
・須賀野史哉
・kouya/reaperB
・セントーラス
・チェザーレ
・いきりん
・矢野真央

18位 4pts
・ゾンビくん
・sugi
・田中俊裕
・t-b
・下田賢作
・Ver.Wa
・A,K
・三上明人
・池谷仁彦
・キリオ
・Dola

ということで2017年度優勝はk.jojo様に決定しました!
2015年度、2016年度王者のアダー様は惜しくも3連覇ならず。
しかしポイントでみるとアダー様は去年より1pts高く、
ランキングバトルが更に熾烈になっている証と言えるでしょう!

12位(5pts)までの方には賞品をご用意させていただきました。
入賞された皆様、おめでとうございます!

次回から2018年度コンテスト。ポイントはリセットされて、同一ラインからのスタートとなります。
ちなみに年度計4回4部門のコンテストなので入賞無しでも全て参加すれば16pts。
今年度では3位になっている計算です。
このチャンスにランキング上位を狙ってみてはいかがでしょうか?

さて次回の春のコンテストはいつもと違う審査形式、
名付けて「フィニッシュワークコンテスト」となります。
これは工作面を評価に入れず、仕上げ面のみを審査の対象とするコンテスト。
そして大きな特徴はガレージキット(レジン、ソフビなど)での参加も可能という点です。
詳細は近日公開。今のうちに何を作るか決めておこう!


※それ以降のコンテストは従来通り行います。
年間コンテスト計画
・春 フィニッシュワークコンテスト
・夏 オールジャンル(ガンプラ部門はGBWC兼)
・秋 テーマコンテスト
・冬 オールジャンル
今年度はもしかしたらゲリラ的なコンテストもあるかも・・・?
不明な点はお気軽に担当までお尋ね下さい。



[PR]
by posthobby_atsugi | 2018-03-19 11:38 | コンテスト | Trackback | Comments(0)
お待たせしました!
先日当店にて行われたプラコン2018inWINTERの審査結果を発表します。
今回の出品数はガンプラ部門23点、キャラ部門16点、スケール部門5点、ミリタリー部門13点、合計で57作品でした。
特に最終日の持ち込みが多く一気に20作品くらい増えました。
最後まで頑張って頂き、ありがとうございました!

今年度最後のコンテストらしく審査は難航。
しかしそこはコンテストなので心苦しくも優劣を付けさせて頂きました。
それでは前置きはこの辺にして結果発表いってみよー。
なおコメントはガンプラ、キャラプラが(大)、スケール、ミリタリーが(池)となっております。

a0149148_16585911.jpg
a0149148_16591165.jpg
ガンプラ部門 金賞「PMX-003」デカール様 4pts 
ハードなディティールが旧ゼータキットシリーズのボックスアート調で、ジオというキャラクターにマッチしてると思います。
配色やマーキングも適切で個性を出しつつバランス良くまとめられてました。

a0149148_17063713.jpg
ガンプラ部門 銀賞「MSN-02」パイセン鈴木様 3pts
今回の金、銀は僅差でした。見方によっては逆だと感じる方もいるでしょう。
こちらもディティーリングが中心ですが、それぞれに意味を考えているのが窺えます。
HGを用いたプロポーションもハマっていて、まとまりの良さが高評価でした。

a0149148_17132861.jpg
ガンプラ部門 特別賞「ボール=デスペラード」矢野真央様 2pts
ボールをベースにAGEの人気機体を作るというアイディアが秀逸な作品。
誰が見てもやりたいことが分かるという、ネタの分かりやすさもポイントでした。


a0149148_17175869.jpg
a0149148_17183257.jpg
キャラクター部門 金賞「RED SHOULDER」パイセン鈴木様 4pts
圧倒的な迫力の作品で、ウェザリング技術は並みのミリタリーモデラー顔負けのフィニッシュ。
2機の仕上がりを意識してディスプレイされているのも素晴らしい!

a0149148_17240335.jpg
キャラクター部門 銀賞「サンシャインEフィードバック」マサ様 3pts
綺麗にそつなく仕上げられてるのが好印象な作品。このシリーズを作ったことのある人ならば、それがいかに大変か分かることでしょう。
頭部レンズがLEDで光るらしいですがスイッチが見つからず、その状態を見れなかったのが残念。

a0149148_17281160.jpg
キャラクター部門 特別賞「初音ミク」ver.Wa様 2pts
フィギュアライズバストにプライズ品の下半身を加工して移植した力作。プラモデルがベースなので規定OKです。
違和感のない自然なポージングが素晴らしく、抜群の流用センスでした。

a0149148_17351435.jpg
a0149148_17352138.jpg
スケール部門 金賞 「シトロエン タイプH」k.jojo様 4pts
綺麗に発色してるのはもちろん、難所である凹面のデカール処理も見事です。

a0149148_17450707.jpg
スケール部門 銀賞 「Ferrari California」金銅鉄様 3pts
ボンネット内部エンジンなどの塗装も丁寧で、ホイール周りの違和感のない塗り分けも良く仕上げています。

a0149148_17483878.jpg
スケール部門 特別賞 「姫路城」sugi様 2pts
石垣の彫り直しも見事ながら、木々や地面等のジオラマが全体的な雰囲気を醸し出しています。

a0149148_18282981.jpg
a0149148_18283620.jpg
ミリタリー部門 金賞 「Ⅳ号戦車H型」森本章様 4pts
影の付け方、汚し方、どれも良く考えて加えられているのが理解でき、高水準な作品。
シュルツェンの加工にも力が入っている傑作品です。

a0149148_17515831.jpg
ミリタリー部門 銀賞 「プラウダ包囲網」Dola様 3pts
至る所に見られる綺麗な汚し方が特徴。細部の小物一つ一つにも拘りを感じる作品。

a0149148_17520935.jpg
ミリタリー部門 特別賞 「74式戦車」たーさん 2pts
ディティールが細かく、資料を良く考察してるのが分かる作品。ジェリ缶等の小物にも注目です。


・・・・ということでいかがだったでしょうか。
参加してくださった皆様、お疲れ様でした!
なお次回コンテストはゴールデンウィーク締め切りくらいの予定です。
詳細は追って告知しますのでよろしくお願いします。

そして今年度ランキングバトル王者も近日発表!お見逃しなく!





[PR]
by posthobby_atsugi | 2018-03-02 18:42 | コンテスト | Trackback | Comments(0)

プラコン2018inWINTER開催!

表題の通り、当店恒例の冬の模型コンテストを行います。
今年度最後で2017年度ランキングバトルの総決算となるコンテスト。
冬休みの間にじっくりと作り込んでおきましょう!
力作お待ちしております!

日程
・応募期間 2/10(土)~2/18(日)19:00まで。
・展示期間 2/19(月)~3/4(日)
・結果発表 2/24(土)
・返却期間 3/5(月)~3/11(日)

部門
・ガンプラ部門~ガンダム作品のプラモデルが対象。
・キャラクター部門~ガンダム作品以外の架空のメカ、キャラクターのプラモデルが対象。
・スケール部門~車、飛行機、城など実在する乗り物、オブジェのプラモデルが対象。
・ミリタリー部門~戦車、戦闘機、艦船など実在する兵器のプラモデルが対象。

レギュレーション
・お一人で一部門、一作品まで出品可能です。同部門に二作品以上は出品できません。
・応募は製作者本人に限ります。代理による出品はできません。
・二足のキットは全て台座に固定が必要です。台座無しの作品は出品をお断り致します。
・著しく壊れやすい作品(ポロリ含む)は出品をお断り致します。
・作品サイズは30×30×30cmまでです。それ以上の作品は事前にご相談下さい。
・プラモデルがベースになっていれば改造パーツの使用、セミスクラッチも出品できます。
・作品は未公開に限ります。ブログなどでの製作途中公開はOKとします。
・期間内の展示が無理な方は賞を剥奪、ランキングポイントも無効となります。
・その他、当店にて常識を逸脱していると判断した作品は出品をお断り致します。

ランキングバトル
・ランキングポイントは参加1pts、特別賞1pts、銀賞2pts、金賞3ptsとなります。
・ランキングバトルのポイントは全部門で共通の扱いです。
・全塗装を施していない作品は参加1ptsが付与されません。


※その他不明な点はお気軽にスタッフまでお問合せ下さい。

a0149148_15013070.jpg
2016年度 ガンプラ部門金賞 「MGパーフェクトガンダムver.3.0」デカール様
a0149148_15014022.jpg
2016年度 キャラクター部門金賞「犬」パイセン鈴木様





[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-12-30 15:07 | コンテスト | Trackback | Comments(0)
表題のとおり、先日当店にて行われたテーマコンテスト2017の審査結果を発表します。
年間コンテストでは秋に当たる3度目のコンテスト。ランキングバトルも熾烈になってきました。
今回の参加数はガンプラ部門32作品、キャラクタ部門4作品、スケール部門8作品、ミリタリー部門7作品、合計51作品でした。
参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

それでは早速、結果発表いってみましょう!
なおコメントはガンプラ、キャラプラ部門を(O)、スケール、ミリタリー部門を(池)が担当しています。

a0149148_12170550.jpg
a0149148_12171435.jpg
ガンプラ部門 金賞 (4pts)
「ジムⅡ ユニコーンver.」デカール様
数あるジムの中でもひときわ目立っていたのが当作品。コテコテの武装や奇抜なカラーリングではなく正攻法での抜群の存在感。
それは丁寧な工作と塗装によって得られていると言えます。陸ジムのコンバートやバズーカ装備など見どころが多いのも良かったです。

a0149148_12164352.jpg
ガンプラ部門 銀賞 (3pts)
「ジムスナイパーカスタム」K.jojo様
旧キットとHGBF GM/GMの組み合わせも多くありました。
ミキシングの場合、新旧キットのパーツ、自作パーツなどの比率がミソですが一番バランス良くまとまっていたのが当作品でした。
塗装、仕上げも手慣れた感で難なく仕上がってるのも高ポイント。ディスプレイの魅せ方も良かったです。

a0149148_12165194.jpg
ガンプラ部門 特別賞 (2pts)
「GMの逆襲~ライダーキックでイカの串刺し~」三上明人(M`s Factory)様
ネタ系作品も多かった中で特に目を惹いた作品がコチラ。
一つのネタで完結している作品が多い中で、たくさんの要素を盛り込んでいて、尚且つ分かりやすさも保ったままというのが高評価でした。
ネタだけに目が行きがちですがイカの表面やキック足のグラデなど、仕上がりを凝らしているのも素晴らしい!

a0149148_12144938.jpg
a0149148_12150386.jpg
キャラクター部門 金賞 (4pts)
「ロードランナー シーレーン」キリオ様
独特の世界観を持ち、アイディアが楽しく感じられた作品。
ポージング、ディスプレイ、カラーリングなど全ての要素に工夫が凝らされていて、バランス良くまとまってました。
模型的に見るとクリア越しで模型本体の仕上がりをじっくり見れないのがちょっと残念。

a0149148_12151368.jpg
キャラクター部門 銀賞 (3pts)
「SOL ロードランナー アイドルver.」田中俊裕様
なんとアイドル衣装の部分は自作したという力作。
違和感なくカスタムパーツとまとまっており、オレンジの色も鮮やかです。
ディスプレイもソレっぽくて良い感じ。

a0149148_12152482.jpg
キャラクター部門 特別賞 (2pts)
「女神降臨 雷帝」K.jojo様
フルアーマーに更にウェポンとエフェクトパーツを盛り足した、カスタムの王道といった作品。
単に盛ってると言っても、テーマに沿っているので統一感が感じられます。
まぶした金粉が和の雰囲気を強調していてGOOD!

a0149148_12162394.jpg
a0149148_12163070.jpg
スケール部門 金賞 (4pts)
「リンドバーグ 1/24 インパラ SS409」池谷仁彦様
塗装や艶、フィニッシュシートの仕上げ方、どれをとっても見事としか言いようがない作品。

a0149148_12161001.jpg
スケール部門 銀賞 (3pts)
「Fireball Roberts」よすけ様
エンジンルームの細かな塗装はもちろんのこと、台座を含めての魅せ方が印象的です。

a0149148_12161778.jpg
スケール部門 特別賞 (2pts)
「二次元と三次元の融合」すーめだか様
特殊な塗装(色分け)をしており、見る角度によってボックスアート風になる面白いアイディアな作品。

a0149148_12160218.jpg
a0149148_12155463.jpg
ミリタリー部門 金賞 (4pts)
「ヘッツァー 15cm自走砲 (ドラゴン1/35)」森本章様
あらゆる角度から観察しても、汚す場所も塗装も思考を凝らしながら作業をしていることが分かる素晴らしい作品。

a0149148_12153610.jpg
ミリタリー部門 銀賞 (2pts)
「猛獣ハンター」宗勲様
丁寧且つ自然にグラデーションが特徴づけられており、立体感が素晴らしく迫力ある作品です。

a0149148_12154704.jpg
ミリタリー部門 特別賞 (2pts)
「マーダーⅡ」いきりん様
小さな台座に兵や小物を配置したジオラマ作品となっており、その配置全部にゆとりがある狭くない作品に仕上がっています。


・・・・ということでいかがだったでしょうか。
入賞された皆様、おめでとうございます!
なお次回コンテストは来年2月中旬締め切りを予定しております。
当店2017年度コンテストの最後を飾る、オールジャンルコンテスト。(プラモデル限定です。)
詳細は近日発表。
冬休みに作っておくが吉です!
皆様奮ってご参加下さい!

ではではー。




[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-12-11 17:50 | コンテスト | Trackback | Comments(0)
当店恒例となる秋のコンテストの季節がやって参りました。
秋のコンテストはテーマ限定のコンテストとなります。
テーマコンテストは並べた際の面白さや、他者の作品との対比が魅力。
皆様、奮ってご参加下さい。
以下概要です。

日程
募集期間 11/11(土)~11/19(日)19:00まで。
展示期間 11/20(月)~12/1(金)
審査結果 11/25(土)
返却期間 12/2(土)~12/17(日)

各部門テーマ
・ガンプラ部門~HGジム系列のキットが対象。ネモ、ジェガンなど類似不可。HGジムの使用が70%以上でもジム以外のMSになった場合には対象外です。例、ガンダムヘイズル予備機、陸戦型ガンダム(ジム頭)など。
・キャラクター部門~コトブキヤ製メガミデバイスシリーズが対象。(フレームアームズガール不可)
・スケール部門~アメリカ車のプラモデルが対象。(デロリアン、ナイトライダーなども可)
・ミリタリー部門~WWⅡ(第二次世界大戦)の自走砲、突撃砲、駆逐戦車が対象。スケールは問わず。ガルパンなどのキャラクターを添えたり、乗せるのはOKですが評価の対象にはなりません。

レギュレーション
・テーマキットがベースとなっていること。厳密に規定はしませんが70%くらいが目安です。
・作品は未公開に限ります。
・お一人様、一部門につき一作品の応募が可能です。製作者ご本人が持ち込みして下さい。
・作品サイズは30×30×30cmまでです。それ以上は事前にご相談下さい。
・二足の作品は台座に必ず固定して下さい。

以下に該当する作品は応募をお断りいたします。(重要)
・極端に強度の低い作品。
・二足で台座に固定されていない作品。
・公序良俗に反する作品。
・当店で設定した日程、期間を守れない作品。

その他、不明な点はお気軽に店員までどうぞ。
a0149148_14255861.jpg
a0149148_14264343.jpg
※ガンプラ部門に関してのお問合せをまとめてみましたので参考にしてください。(9/3更新)
・HGUCブルーディスティニー1号機EXAM→ゲーム版は陸戦ジムベースの為、可。漫画版は陸戦ガンダムベースの為、不可。
・サイコジム→プレミアムバンダイの発送が12月で間に合いません。頭部をスクラッチしてそのものを作るのは可。
・ヌーベルジムⅢ→HGUCベースなら両腕がMK-Ⅱでもセーフ。
・ヘイズル系列→正式名称にガンダムが付くのでガンダムタイプと見なし不可。
・インパルスジム→インパルスジムそのものを作るなら可。ノーザンポッドを使っただけでは不可。
・ジムスナイパーカスタム→HGジムの使用率が70%ならば旧キットとのミキシングも可。
・ジム頭→陸戦型ガンダムベースなのでガンダムタイプ。不可。
・ペイルライダー→陸戦、空間戦ともに不可。ジムの派生と明確な表記が無い為。
・ジム(サンダーボルト)→可。
・陸戦ガンダムS型(サンダーボルト)→不可。


[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-08-28 14:41 | コンテスト | Trackback | Comments(0)
本日2度目の登場となるガンダム担当Oです。
表題のとおり、先日行われたガンダムビルダーズワールドカップ予選を兼ねた夏のコンテストの結果発表を行います。
今回の出品数はガンプラ部門10作品、キャラクター部門10作品、ミリタリー部門11作品、スケール部門3作品、合計34作品の応募でした。前回と比べると半数程というやや寂しい出品数となりました。
お客様には夏バテのようなモチベが上がらない状態という話を良く聞きました。まあ確かに当店コンテストは1年に4回。つまり3か月に一回なわけですからそりゃ毎回は大変だよなあと思う次第。
無理をせず自分ペースで楽しんで頂ければということですね。

さて、前置きはこの辺にして審査結果発表いってみよー!(コメントはガンプラ、キャラプラが私。ミリタリー、スケールが(池)になります。)

a0149148_18462175.jpg
ガンプラ部門金賞「MS-14C」パイセン鈴木様 4pts
地上戦をイメージしたミリタリーテイスト溢れる作品ですが、ガンダムの世界観を考えた振り幅が絶妙です。塗装も地味にならないように差し色や金属色を配して工夫されてますね。
a0149148_18495397.jpg
ガンプラ部門銀賞「MGザクキャノン」デカール様 3pts
過密なディティーリングとカラーリングが魅力的な作品。地味になりがちなデザートカラーに明るい配色を選択してコンテスト映えを狙っているのも良く考えられています。
a0149148_18560122.jpg
ガンプラ部門特別賞「メカニックザク2017~ホワイトオーガー~」アダー様 2pts
メカニックモデルという昔のキットとホワイトオーガーという最近のモチーフを見事に融合させた作品。技法的にもAFV調のディティール追加や塗装、電飾など見どころが多かったです。
a0149148_19031853.jpg
キャラクター部門金賞「見つかるなよ!ロディ!(バーツ 小声で叫ぶ)」アダー様 4pts
MGのフレームを旧キットに仕込んだ本体と小物を配したディスプレイのバランスが高評価。仕上げもツヤのコントロールや複数のウェザリング技法を選択していることで効果的に表現されてます。
a0149148_19052134.jpg
キャラクター部門銀賞「深淵からの帰還」チュイッチィ様 3pts
モチーフも珍しいですが、縦のディオラマで宇宙空間を表現するという見せ方も巧いです。上と下のクラブの汚れ方の対比が面白く、一目見て伝わってくるドラマ性が素晴らしい!
a0149148_19133126.jpg
キャラクター部門特別賞「白雷(びゃくらい)」Raptor様 2pts
細部の配色やデカールなど随所に工夫が見られます。ビネット風ベースも作品を引き立てるのに一役買っていると思います。強いて言えば白が垂れてしまっているのが惜しい!
a0149148_19212253.jpg
スケール部門金賞「NZ6 86」k.jojo様 4pts
派手なカラーリングやマークで意匠を凝らした作品。台座もモダン的でパール塗装に合っています。
a0149148_19224294.jpg
スケール部門銀賞「小四駆D~ミニシャルD~1巻」アダー様 3pts
ミニ四駆のシャーシやパーツを利用し、限りなく実車型に近づけた面白い試みがある作品です。
a0149148_19245123.jpg
スケール部門特別賞「夢想封印86」ゾンビ君様 2pts
シルビアの4気筒ターボエンジン仕様という設定となっておりエンジンやマフラー周りにも拘りが見られる作品。
a0149148_19281047.jpg
ミリタリー部門金賞「M3リー」森本章様 4pts
複雑な足回りも丁寧に塗装しており、デカールも違和感ない、そつがない作品。
a0149148_19290567.jpg
ミリタリー部門銀賞「Reggiane Re2000」よすけ様 3pts
丁寧な迷彩塗装と適度な使用感が見られ、奥まった箇所にも力が入れられている見事な作品です。
a0149148_19311211.jpg
ミリタリー部門特別賞「炸裂!クロスカウンター」Y.Shimizu様 2pts
ミニチュアキット特有の物語性を生かした動きがある面白い作品です。戦下ならではの娯楽を感じさせます。


以上のような結果となりました!
なおガンプラ部門金賞のパイセン鈴木様はGBWC2017プロショップ杯当店代表として2次審査進出です。
おめでとうございます!
そして参加してくれた皆様、お疲れ様でした!

次回は年に一回のお楽しみ、秋のテーマコンテストです。
・ガンプラ部門HGジム系列
・キャラクター部門メガミデバイス
・スケール部門アメリカ車
・ミリタリー部門第二次世界大戦時の自走砲、突撃砲、駆逐戦車
となります。

締め切りは11月下旬くらいになりそうです。
詳細は追って告知します。
今から仕込んでおこう!
ではでは―。

[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-08-16 19:40 | コンテスト | Trackback | Comments(0)
表題の通り、当店において夏のプラモデルコンテスト「プラコン2017inSUMMER」を開催いたします。
なお今回はバンダイ主催の「ガンプラビルダーズワールドカップ2017プロショップ杯」も兼ねて行いますので、
ガンプラ部門でエントリーされる場合にはGBWCに参加する形となります。
応募方法もガンプラ部門のみ異なりますので下記の要綱を必読の上、間違いの無い様にご注意下さい。
皆様のご参加をお待ちしております!

日程 

・募集期間 729日(土)~86日(日)19:00まで。

・展示期間 87日(月)~820日(日)

・審査発表 811日(金)

・返却期間 821日(月)~93日(日)

部門

・ガンプラ部門~ガンダム作品のプラモデルが対象。

・キャラクター部門~ガンダム作品以外の架空のメカ、キャラクターのプラモデルが対象。

・スケール部門~車、飛行機、城など実在する乗り物、オブジェのプラモデルが対象。

・ミリタリー部門~戦車、戦闘機、艦船など実在する兵器のプラモデルが対象。

レギュレーション

・お一人で一部門、一作品まで出品可能です。同部門に二作品以上は出品できません。

・応募は製作者本人に限ります。代理による出品はできません。

・二足のキットは全て台座に固定が必要です。台座無しの作品は出品をお断り致します。

・著しく壊れやすい作品(ポロリ含む)は出品をお断り致します。

・作品サイズは30×30×30cmまでです。それ以上の作品は事前にご相談下さい。(GBWCでは50×50×50cmまでとなっています。当店で応募できなかった場合はWEB応募をご利用下さい。)

・プラモデルがベースになっていれば改造パーツの使用、セミスクラッチも出品できます。

・キャラクターが乗ったり、添えられているスケールモデルはキャラクター部門となります。

・作品は未公開に限ります。ブログなどでの製作途中公開はOKとします。

・期間内の展示が無理な方は賞を剥奪、ランキングポイントも無効となります。

・その他、当店にて常識を逸脱していると判断した作品は出品をお断り致します

ガンプラ部門参加の方へ(重要)

今回はGBWC予選を兼ねている為、ガンプラ部門のみ応募方法が異なります。

下記を参照して間違いの無い様、ご注意下さい。

・ガンプラ部門のみレギュレーションもGBWCに合わせます。GBWCサイトでご確認下さい。

・店頭にて、当店作成応募用紙(当日当店にて用意)にも記入して頂きます。

・ガンプラ部門はGBWCのみの受付となります。ガンプラでランキングバトルのポイント反映をするにはGBWCに出して頂く以外にはありません。

GBWC応募手順

-バンダイホビーサイト内GBWC2017エントリーページにてバンダイナムコID(ホビーサイトパス)に登録します。

2-GBWCサイトよりお客様自身で写真を投稿して応募します。

3-エントリーシートを記入するとエントリーNo.が付与されるので、印刷したエントリーシートと作品を直接お店に持参して下さい。

その他不明な点はお気軽にスタッフまでお申し付け下さい。

a0149148_16045121.jpg

「プラコンinSUMMER2016」ガンプラ部門金賞

GBWC2016オープン部門当店代表作品

「長き旅の終わり」

製作者 アダー様


[PR]
by posthobby_atsugi | 2017-07-01 16:17 | コンテスト | Trackback | Comments(0)